주요 기사 바로가기

韓国裁判所、未成年日本人留学生性暴行容疑の20代男に重刑求刑

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.17 11:15
0
未成年の日本人留学生を性暴行した容疑で裁判にかけられた20代の韓国人の男に重刑が求刑された。

16日にソウル北部地裁で行われたA被告(27)の児童・青少年性保護に関する法律違反容疑結審公判で、検察は被告に懲役9年を求刑した。また、120時間の性暴行治療プログラム履修、身上情報公開・告知命令、児童・青少年関連施設と障害者福祉施設就業制限10年の宣告を裁判所に要請した。

被告は7月にインスタグラムを通じ韓国に留学していた日本人女性Bさんと知り合い、同月にBさんを自宅に誘い込んだ。2人は午後10時30分ごろ一緒に酒を飲み、被告がBさんの携帯電話を奪ってBさんの手を自身の体に当てて強制的にキスしようとしたという。Bさんがこれを拒否すると被告は強制的に性暴行し、この過程で被告はBさんの首を1分にわたり押さえ付けて息ができないようにし全治2週間の傷害を負わせたという。

被告は性暴行の容疑は認めたが傷害容疑は否認した。被告は「悪い目的を持って会ったのではない。私も1年間ワーキングホリデーで日本に行きて1人で大変だったことが多かったため韓国で生活するBさんの助けになりたかった。結果的に大きく傷つけることになった」と陳述した。

続けて「最初はBさんが私を怖がったとか望まない性関係を結んだとは考えられなかったため取り調べを受ける時に容疑を認めることはできなかった。取り調べを受けながらBさんが未成年者だったという事実と私に対する恐れから望まない関係を持ったという話を聞くことになった」と話した。

その上で「これまでの人生でだれかに被害を与えることなく熱心に誠実に生きてきた。このように被害を与えたという事実が本当に苦しく、被害者と家族、友達に申し訳ない気持ち。2度と私のために他の人が被害を受けないことを望む。他人に被害を与えずに生きていく」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP