주요 기사 바로가기

国際水路機構、「日本海」の代わりに数字表記方式を決定予定

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.16 10:31
0
世界各国が海の名前を表記する時に基準とする国際水路機関(IHO)の標準海図集で「日本海」の代わりに新たな表記方式を導入するかどうかが16日に決まる。

韓国海洋水産部は16~18日にビデオ会議形式で開催される第2回IHO総会で「日本海」表記を使っている海図集『大洋と海の境界』(S-23)の改訂版である「S-130」を製作・発刊するかどうかが決まると15日、明らかにした。

1929年初版の「S-23」は東海(トンへ)を「日本海」と表記していた。日本はこれまでこれを根拠に韓国「東海」の名称が「日本海」であるとの主張を守ってきた。これに対して韓国政府は1997年から「東海」併記を主張してきたが、まともに反映されなかった。これを受けて2017年4月に開かれたIHO第1回総会を契機に、北朝鮮や日本と非公式協議を開始した。

しかし、韓国・北朝鮮と日本が昨年までの時点でも合意に至ることができなかったことから、IHO事務局長が地名の代わりに「固有符号」で海を表記する方式を提案した。新標準は「S-130」だ。加盟国は今回の総会で「S-130」を導入する案について決める予定だ。

海水部のウ・ドンシク国際協力政策官は「今回のIHO総会でわれわれの関心議題が通過するように積極的な対応と努力を尽くす」とし「理事国進出、イーランニングセンター設立参加などで、国際社会の発展にも寄与する海洋先進国としての役割を果たしていく」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国際水路機構、「日本海」の代わりに数字表記方式を決定予定

    2020.11.16 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    中国東方航空内の「日本海」単独表記の様子。[写真 徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授チーム]
    TOP