주요 기사 바로가기

【社説】政治的反対側を「殺人者」と言った韓国大統領秘書室長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.06 10:48
0
盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長が一昨日、国会運営委員会で「〔8・15光化門(クァンファムン)〕集会主導者は泥棒でなく殺人者だ。殺人者」と話した。彼は国民の力のパク・デチュル議員が集会当時、車で壁を作った写真を見せて警察の対応を問題にすると激しく興奮しながら「国会議員がなぜ不法集会を擁護するのか」「その集会で感染者が600人以上発生し、7人が死んだ」としてこのように明らかにした。

パク議員が「(警察がバスで押して)国民を新型コロナの巣窟に閉じ込めた」と問い詰めたからといって秘書室長が大声を張り上げて「殺人者」という表現を2度も使うのが妥当なことか。大統領を補佐して青瓦台(チョンワデ、大統領府)参謀の首長の役割を果たす秘書室長の口から出るとは想像もできない浅薄で傲慢な発言だ。彼は発言2時間後「行き過ぎた表現」と釈明した。自ら「行き過ぎる」と言うほどの話を私席でもない国会で堂々と吐きだした秘書室長はその資格がなかったと言っても過言ではない。

しかも、政府を批判する人々も韓国国民であるのに集会主導者に対する盧室長の態度はまるで敵に対する態度のようだった。政治的に反対する勢力であれば殺人者に追い立ててもかまわないということか。この政府に長けている、典型的に味方と敵を分けることだ。興奮した状態で吐きだした盧室長の「殺人者」発言をみると、ひょっとして青瓦台の集団思考がそのようなことではないのか懸念を拭えない。そのような認識の中で毎日のように膝を突き合わせて国政を論じ会議を行うのであれば恐ろしいことだ。

盧室長は「殺人者」と発言する前に「許可を得なかった集会のせいで経済成長率が0.5%程度下落する要因に働いた」と主張した。これはまるで新型コロナ拡大の主犯が光化門集会のように追い込むだけでなく、経済政策失敗の原因まで集会のせいにする発言だ。

文在寅政府は反対側を抱きしめることができない。文大統領が協力政治をそのように強調したが、何一つも実現できなかった理由の中の一つがそれだ。盧室長の「殺人者」発言は政治的反対側に対するこの政府の認識を赤裸々に見せる。普段からの野党に対する態度も大きく変わらないだろう。文政府が入って以降、韓国社会は光化門と瑞草洞(ソチョドン)、土着倭寇と主体思想派などに徹底的に分かれた。青瓦台のこのような認識が変わらなければ、韓国社会はさらに二分するだけで協力政治の道ははるかに遠ざかるだろう。年末・年初の改閣とともに青瓦台の改編が行われれば、文大統領は上品で思慮深い新しい秘書室長を起用してほしい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP