주요 기사 바로가기

韓国野党議員「中央博物館の『伽耶展』、日帝植民史観を持ってきた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.20 07:40
0
文在寅(ムン・ジェイン)政府が100大国政課題として推進してきた伽耶史を復元するために国立中央博物館で開かれた「伽耶本姓ー剣と絃」展示が任那日本府説を認める日帝植民史観によるものという主張が提起された。

国会文化体育観光委員会所属のペ・ヒョンジン議員(国民の力)は19日、国会で行われた国立中央博物館の国政監査でこのように主張し、博物館側は事実でないと一蹴した。

ペ議員は「任那日本府説に基づいたこの展示を見て(関連)専門家の間で大騒ぎとなった」とし、「展示で問題になった伽耶の年代表をみると、『三国遺事』『三国史記』『日本書紀』などを引用したという。「書紀」とは、日本書紀のことで日本の統治を受けたという任那日本府説を裏付ける日本植民史学者の私書だ。(「私書」と表現したのは)ごまかしだ」と話した。

ペ議員はこの展示が『日本書紀』だけに登場する国家を韓半島(朝鮮半島)の地図に伽耶7国と記したとし、これは韓国内の学説に相反するものとも主張した。

ペ議員は「予算まで増額した展示だが、委員会次元で監査院監査を求める。展示が開催された経緯を明らかにするため、予算支出の内訳を総合監査の前まで伝達してほしい」と求めた。これを受け、国立中央博物館のペ・ギドン館長は「書紀は学界で通称して使う縮約用語」とし「伽耶研究は過去と現在が非常に違う。日本書紀に関する問題は学者の間で見解が分かれる」と答えた。

また「国立博物館は客観的な次元で判断して学界の力を借りて展示を構成する」として「植民史観と言われるのは博物館にとって大きな汚名」と疑惑を否認した。

任那日本府説は日本が4世紀後半百済・新羅・伽耶を支配し、伽耶には日本府という機関を設置して6世紀中盤まで直接支配したという日本史学界の主張で、日本が韓半島の植民支配を正当な旧領土の回復として美化する根拠となる。日本の古代歴史書物である『日本書紀』の内容は任那日本府説の中心的な根拠に利用された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党議員「中央博物館の『伽耶展』、日帝植民史観を持ってきた」

    2020.10.20 07:40
    뉴스 메뉴 보기
    ペ・ヒョンジン議員
    TOP