주요 기사 바로가기

韓国法務部長官、待機していた記者の写真をSNSに公開し告発される…市民団体「言論弾圧」主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.15 16:43
0
市民団体が出勤途中に自宅前に待機していた記者の写真を撮り同意なくフェイスブックに投稿した法務部の秋美愛(チュ・ミエ)長官を検察に告発すると明らかにした。

法治主義立て直し行動連帯は15日、情報通信網法相名誉毀損容疑で秋長官を16日に大検察庁(最高検)に刑事告発する予定と明らかにした。

同連帯は「秋長官は出勤途中に取材のため自宅前に待機していた記者の写真を上げ、『出勤を妨害した、メディアはどこででも全身を撮影した、凶悪犯に対するようにした』など記者にぬぐうことのできない侮辱的リンチを加えた。これにより記者は秋長官の追従者から耐えがたいコメントに苦しめられている」と明らかにした。

続けて「秋長官は記者が自宅前で取材するという理由で顔がそのまま出した写真を掲載し非難するのは民主国家ではありえない醜悪な人格殺人であり明白なメディア弾圧」と主張した。

秋長官はこの日午前、自身を取材するために広津区(クァンジング)のマンションを訪ねてきた記者の写真を自身のフェイスブックに上げた。その上で「けさマンション玄関前にあるメディアの記者がカメラを持って現れた。(記者が)出勤を妨害するのでこの状況が終了するまで家で待機して仕事をしなければならない」と書いた。

続けて秋長官は「9カ月間メディアはどこででも私の全身を撮影した。私生活空間であるマンション玄関前も侵犯された」と指摘した。「まるで凶悪犯に対するようにつじつまの合わない質問も浴びせた。この光景を見るマンション住民も非常に不便だ」ともした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP