주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮は変わっていない…冷静に対応を

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.12 11:51
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が異例にも深夜に労働党創建75周年軍事パレードを実施し、「涙の演説」をした。北朝鮮住民に尊称を使いながら「申し訳ない」「ありがとう」などの表現を10回ほど口にした。大韓民国に向けて「愛する南側の同胞」とし「一日も早く保健危機が克服され、南北が手を取り合う日を祈願する」と述べた。「核保有国」の代わりに「戦争抑止力」と表現するなど軍事メッセージも純化して発信する姿を見せた。

韓国政府は金正恩委員長の演説を前向きに評価する雰囲気だ。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は11日に開かれた国家安全保障会議(NSC)緊急会議で、金正恩委員長の「南北が手を取り合う日」という発言について「注目する」という立場を表した。YTNと聯合ニュースTVが論議を呼ぶ中でも軍事パレードの全過程を中継したのも、与党のこうした雰囲気と無関係でないはずだ。

しかし演説の途中で眼鏡を外して涙を拭いた金正恩委員長の顔は、その後の軍事パレードで西側メディアが「怪物」と描写した特大型大陸間弾道ミサイル(ICBM)が登場すると喜ぶ表情に変わった。世界最長の11軸・22輪発射車両(TEL)に搭載されたこのミサイルは、2、3個の核弾頭を一度に搭載して米国本土まで飛行する能力を持つと評価される。口では融和を話しながら手では韓米に不意打ちを食らわせる姿と変わらない。韓国国防部さえも北朝鮮のこうした危険な威力誇示に「憂慮を表明する」と述べた。

この日の軍事パレードは、金正恩委員長の「涙の演説」にもかかわらず、北朝鮮に根本的な変化がないことを確認させた。公務員銃殺事件を揉み消してさらなる関係悪化を望まないという融和メッセージを投じながらも、米本土まで飛行する核攻撃能力を誇示し、韓米同盟の亀裂と韓国内の葛藤を煽り、内部の結束という思惑を表したからだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権は過去3年間「北朝鮮に非核化の意志がある」と強弁してきたが、実際には一時も休まず核・ミサイル開発に拍車を加えてきたことが明らかになった。

したがって韓国政府は金正恩委員長の「涙」ではなく本心を直視し、冷静に対応する必要がある。「北の指導者が2度も遺憾を表明すればもういいのでは」として性急に終戦宣言を強行すれば、刃物を隠す金正恩委員長の融和攻勢の餌食になるだけだ。いま文大統領がやるべきことは、現実性がない終戦宣言ではなく、北朝鮮に公務員殺害の責任を問いただし、韓米を脅かす「核武力誇示ショー」の中断を求めるものでなければいけない。

金正恩委員長の演説から我々は北朝鮮制裁の効果を確認することができた。金正恩委員長が涙を流しながら「申し訳ない」と演説したのは、北朝鮮内部がそれだけ厳しい状況であることを見せている。したがって制裁を徹底的に維持しながら北朝鮮を説得し、非核化に向かわせることが最善だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP