주요 기사 바로가기

韓経:サムスン電子、日本で5Gネットワークスライシングの検証に成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.24 08:22
0
サムスン電子は23日、日本の通信会社KDDIと第5世代(5G)移動通信ネットワークスライシング技術検証に成功したと発表した。

今回の検証は東京にある研究所で5G基地局と5G単独モード(SA)コア装備、試験用端末を使って進められた。業界で初めてサービス状況により基地局資源を効果的に制御する基地局知能型コントローラー(RIC)を利用した。

ネットワークスライシングは物理的な移動通信網を多数の仮想網で分けて超高速・超低遅延・超連結通信特性を各サービスにより最も適した形で活用できるようにする5G必須技術だ。自動運転車の場合、トラフィック容量そのものは大きくないが、反応速度がミリ秒(ms)水準である超低遅延ネットワークが使われる。バーチャルリアリティ(VR)・拡張現実(AR)、動画ストリーミング、クラウドゲーミングサービスは数ギガビット毎秒(Gbps)水準で一度に多くのトラフィックが速く通過する超高速ネットワークが必要だ。この技術が商用化されれば自動運転車、クラウドゲーミング、産業用モノのインターネットなどの核心サービスが急速に拡散すると期待される。

サムスン電子は今回の検証でユーザーが利用するサービスにより超高速仮想ネットワークと超低遅延仮想ネットワークの間を移動しても品質が安定的に保障されることを確認した。

また、急病患者搬送など緊急通信が必要な仮想ネットワークに資源を割り当てる場合、接続端末増加やデータ急増にも安定した通信サービスを提供するということを立証した。

サムスン電子とKDDIは今回の基地局からコアまで合わせた「エンド・トゥ・エンド」5Gネットワークスライシング検証結果を基に国際標準団体に標準規格を提案する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP