주요 기사 바로가기

サムスン1位・LG3位…韓国、バッテリー技術の世界特許出願で「競争リード」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.22 18:01
0
サムスンとLGがバッテリー技術の特許出願順位でそれぞれ世界1位と3位を記録するなど韓国企業が強力なトップグループを構築したことがわかった。

欧州特許庁(EPO)が22日に公開したEPOと国際エネルギー機関(IEA)の共同研究結果によると、2000年から2018年までサムスンはバッテリー技術分野で4787件の特許を出願し世界1位となった。

2位は4046件を出願した日本のパナソニックで、LGは2999件で3位に入った。

トヨタが2564件で4位、ドイツのボッシュが1539件で5位を記録し、日立が1208件、ソニーが1096件、NECが800件、日産が778件、東芝が730件と6位から10位まで日本企業が占めた。

国別に見ると、韓国は2000~2018年の全バッテリー技術特許のうち17.4%を占め日本に次ぐ2位だった。

EPOは「この研究は韓国と日本などアジア企業がバッテリー技術に対するグローバル競争で明らかなトップを占めていることを示している」と分析した。

その上で「バッテリー技術の特許出願順位上位10社のうち9社、上位25社のうち3分の2がアジア企業だ」と付け加えた。

欧州特許庁のアントニオ・カンピノス長官は「特許データの場合、アジアが産業界で強さを見せている。米国と欧州も多くの中小企業と研究機関を基盤に次世代バッテリー市場で競争できるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP