주요 기사 바로가기

ニコラの株価19%急落…韓国人個人投資家1日で340億ウォン失う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.22 10:55
0
詐欺疑惑で創業者まで退いた米水素トラックメーカーのニコラのために韓国の個人投資家の損失金額が最大340億ウォン(約30億円)水準に達すると予測される。

韓国預託決済院証券情報ポータル(SEIBro)によると、韓国人投資家のニコラ株式保有規模は21日基準で1億5066万ドル(約157億3460万円)だ。21日のニューヨーク証券市場でニコラの株価は創業者であるトレバー・ミルトン氏の辞任の知らせとともに19.33%急落した。韓国人投資家が保有するニコラ株の価値も約339億ウォン減少したと推定される。

ニコラは6月初めにナスダック市場に上場されてから水素トラック開発を掲げて「第2のテスラ」として注目された。最近米国株式への直接投資規模を増やしてきた韓国人投資家は6月からニコラ株約2億831万ドル相当を買い越した。

ニコラの株価は6月初めに一時79ドル水準まで上昇したが、その後はバブル議論などで下がり続けた。今月に入り金融分析会社のヒンデンブルグ・リサーチが詐欺疑惑を主張する内容の報告書を出したことが株価下落に大きな影響を及ぼした。ニコラのこの日の終値27.58ドルは最高値に比べ3分の1水準だ。これまでニコラに投資した韓国人投資家の実際の損失規模はこの日1日分の339億ウォンよりも大きいという分析も出ている。

2018年にニコラに1億ドルを投資しニコラ株6.13%を保有したハンファグループのハンファソリューションの株価も前日韓国証券市場で7.40%急落した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP