주요 기사 바로가기

30分間で新型コロナ感染確認…韓国研究チームが診断法開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.21 10:37
0
30分間で新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染の有無が正確に分かる診断法が韓国の研究陣によって開発された。

浦項(ポハン)工科大学(ポステック)は化学工学科のイ・ジョンウク、チョン・ギュヨル教授など共同研究チームがウイルス「リボ核酸(RNA)」の序列に基づいて30分内に新型肺炎を診断できる「SENSR技術」を開発したと20日、明らかにした。検体を採取して診断を始めれば新型肺炎のRNAがある場合に限って反応を起こして蛍光に表示される。

現在の新型肺炎診断に活用されるPCR分子診断法は他の検査法に比べて正確度が高いという長所があるが、早い検査が必要な現場で使うには限界があった。ウイルスを抽出・精製する準備過程で長い時間がかかり、熟練した専門家と高価の装備が必要であるためだ。

今回開発された技術はこのようなPCRの限界を補完できるというのが研究チームの説明だ。研究チームが感染者のサンプルを検査した結果、30分後に新型肺炎の原因ウイルス「SARS-CoV-2」のRNAを検出した。技術が導入されれば今後感染者を搬送する過程で感染の有無を確認することもできる。浦項工科大学は「中央集中化した現在の診断体系を補完して新型肺炎にさらに積極的に対応できると期待される」と明らかにした。

これを踏まえて今後他の感染病が流行しても迅速な対処が可能だ。研究チームは5つの病原性ウイルスとバクテリアのRNAを検出して実験した結果、新型肺炎の他にも多様な病原菌の検出に活用する可能性があることを立証した。イ・ジョンウク教授は「この技術はRNAを正確に検出できる技術で、感染者の検体で別途の処理をしなくても感染したかどうかを診断できる早くて簡単な方法」とし「今後新型肺炎以外に他の新しい伝染病が出現しても1週間以内にこれに対する診断キットを設計して製作することができ、未来の伝染病にも備えることができる」と話した。

今回の研究結果は国際学術誌「バイオメディカル・エンジニアリング」に18日(現地時間)掲載された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    30分間で新型コロナ感染確認…韓国研究チームが診断法開発

    2020.09.21 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    SENSRの概略図[写真 ポステック]
    TOP