주요 기사 바로가기

米国務省、韓国統一長官の「冷戦同盟」発言に反論…「米韓は安保協力を超える関係」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.07 07:41
0
李仁栄(イ・インヨン)統一部長官が韓米関係を「冷戦同盟」と表現したことに対し、米国務省が「米韓同盟は安保協力を超える関係」と反論した。

米国務省は4日(現地時間)、米政府系メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送を通じて「我々(米韓)の同盟と友情は安保協力を超える」とし「米韓相互防衛条約が同盟の基盤として残っている中で、我々が共有する自由民主主義・人権・法治主義の価値は確固たる連帯関係をより一層強化してきた」と明らかにした。「米韓は経済・エネルギー・科学・保健・サイバーセキュリティー・女権拡張などのような地域的、世界的な事案で幅広く協力している」とも述べた。

李長官は2日、進歩性向の韓国基督教教会協議会(NCCK)を訪問した席で、「韓米関係はある時点に軍事同盟と冷戦同盟を脱離し、平和同盟に転換できるだろう」と述べた。韓米同盟が現在は克服の対象である冷戦同盟という意味で、韓米同盟や日米同盟は「冷戦時代の遺物」という中国側の主張を後押しするような発言という指摘があった。

◆韓国外交次官、米国務副長官と会談へ

崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外交部第1次官が早ければ9日にもワシントンを訪問し、ビーガン米国務副長官と会談するとみられる。今回の出張は崔次官が8月に就任した後、韓米外交次官間の最初のあいさつという意味があるが、米国が中国への圧力を強化する中で同盟の韓国に協力を要請する可能性があるという見方が出ている。崔次官は今年初め、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)安保平和企画秘書官として非公開で米国を訪問したが、ビーガン副長官のカウンターパートとしての訪米は初めて。

外交部当局者はこの日、中央日報に「最近、電話でできる限り早い時期に会うことにした」とし「現時点で確認できる日程はない」と伝えた。崔次官は2日、ビーガン副長官側の要請で電話会談し、訪米日程を調整してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国務省、韓国統一長官の「冷戦同盟」発言に反論…「米韓は安保協力を超える関係」

    2020.09.07 07:41
    뉴스 메뉴 보기
    李仁栄(イ・インヨン)統一部長官
    TOP