주요 기사 바로가기

韓国通商交渉本部長、WTO事務局長選で日本の支持を要請…「輸出規制とは無関係」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.25 07:02
0
世界貿易機関(WTO)事務局長選に出馬した産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が事務局長選挙で自身を支持してほしいと日本に求めた。

兪本部長は24日報じられた共同通信との書面インタビューで「日本の半導体素材の輸出規制強化とWTO事務局長選挙は無関係なもの」とし「公平・公正性に基づいて加盟国の利益を代弁する役割を忠実に遂行する」と明らかにした。

また「WTO事務局長は特定国を代表する立場でない」と強調した。

兪本部長はインタビューで「韓国と日本は緊密な交流と活発な貿易、投資を土台にしてともに成長した東アジアの協力パートナー」として「自由貿易と多角的体制の必要性について(韓国と)同じ立場をとっている」と両国の共通点を強調した。

韓日両国の貿易対立に関しては「紛争手続きが進められている事案について意見を明らかにするのは適切でない」とコメントを控えた。

これに先立ち、日本の一部メディアは兪本部長がWTO事務局長に当選する場合、輸出規制など韓国と日本の貿易紛争でWTOが日本に不利な判決を下す可能性があると見通す記事を出したことがある。今回のインタビューはこのような憂慮を払拭させるためのものとみられる。

兪本部長は自身の選挙戦略について「WTOの将来に関して確固たるビジョンを示し、長い通商経験で築いた専門性と利害関係の調整能力を強調して誠心・誠意を尽くして説得して支持を求めたい」と明らかにした。

また「WTOが現在、前例のない危機に置かれている」として「WTOが機能を回復すれば米国と中国が今後の方向性を協議する土台を提供できるだろう」と見通した。

「女性第1号事務局長」に挑む兪氏は「過去25年間、WTO事務次長として勤めた20人の中で女性は1人しかいなかった」としてWTOや世界貿易分野で女性の役割を強化するという抱負も明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国通商交渉本部長、WTO事務局長選で日本の支持を要請…「輸出規制とは無関係」

    2020.08.25 07:02
    뉴스 메뉴 보기
    兪明希産業通商資源部通商交渉本部長
    TOP