주요 기사 바로가기

日本「WTO事務局長選出に関与する」…韓国候補に抵抗か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.07 17:24
0
日本が産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が立候補した世界貿易機関(WTO)事務局長選出に関与するとの意向を明らかにした。

日本の茂木敏充外相は7日の定例記者会見で、WTO事務局長選出と関連し、「現在(兪本部長を含め)5人が立候補の意思を明らかにしたと理解する。新型コロナ対応とWTO改革など課題が山積した中で多国間貿易体制の維持と強化に向けたリーダーシップを発揮できる人物なのかが重要だ」と話した。その上で「そうした観点から日本も選出過程にしっかり関与したい」と話した。

日本の輸出管理規制をめぐり韓日間の対立が続く状況で日本側の立場を代弁する人物を推すという意図と解釈される。これに先立ち先月26日にも茂木外相は「(WTO事務局長は)主要国の利害を調整する能力が極めて重要だ」と強調している。ただ、韓国側候補である兪本部長の立候補に対する立場は特に明らかにしなかった。

8日までで立候補を締め切るWTO事務局長選挙には兪本部長をはじめ、メキシコのヘスス・セアデ外務次官ら5人が出馬の意向を示した状況だ。これと関連して読売新聞は7日、「混戦が予想される」とし、現職のアゼベド事務局長が退任する8月末までに後任者が決まらない恐れもあると雰囲気を伝えた。

こうした中で6日からスイスのジュネーブにあるWTO本部で開かれている日本の貿易政策に対する審査会議で韓国政府代表団は日本を強く圧迫した。

白芝娥(ペク・ジア)在ジュネーブ代表部大使は、韓国が日本の輸出規制に対し提訴手続きを再開したことと関連し、「通常の対話で解決が難しいという結論に達した」と理由を説明した。その上で「日本が輸出規制を強化しながら主張した内容は正当な根拠がなく、すべてが無効と信じる」とした。

これに対して日本側は「安全保障上問題がない輸出に対しては許可を出しており、サプライ チェーンにも大きな影響はない」と反論したという。

7日の日本経済新聞によると、今回の会議では中国と米国も日本に批判的な立場を示した。中国はファーウェイに対する制裁を念頭に、「(日本が)情報通信技術(ICT)分野で特定企業を差別している」と懸念を明らかにした。また、日本が軍事転用可能な一部製品に対して輸出規制を強化したことと関連しても「両国間の貿易関係が損なわれる」と主張した。

米国は対日自動車輸出不振を理由に「工業製品に対する関税は比較的低いが、重要な非関税障壁が残っている」と日本を批判した。また、コメや乳製品など農業分野と関連しても「まだ市場参入障壁がある」と不満を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本「WTO事務局長選出に関与する」…韓国候補に抵抗か

    2020.07.07 17:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長
    TOP