주요 기사 바로가기

韓国観光公社、伴侶動物を活用した風変りなマーケティングで日本市場を攻略

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.18 11:28
0
韓国観光公社が伴侶動物を活用した風変りな映像コンテンツで日本市場の攻略に出る。

公社が韓国に居住する日本人たちを対象に毎年選抜して運営しているSNS記者団「カンタビサポーターズ」に子犬記者「ココ」を合流させるという設定で、日本人観光客の関心が高い人気観光地を直接取材する形式のV-LOGの映像5編(テーマ:今、ここに、ソウル)とティーザー映像を製作し、8月18日ティーザー映像をはじめカンタビサポーターズのSNSチャンネルを通じて次々と公開する予定だ。

映像は特に新型コロナで多くの人々が従来の旅行写真と映像を見ながら旅行したい気持ちを表現している中で、日本の訪韓旅行に関心を見せる人々が代理満足を感じて癒やされることに焦点を当てて構成した。さらに、今後伴侶動物とともに旅行する場所として訪韓市場の新規需要の創出にも寄与するものと期待される。

公社のハ・サンソク日本チーム長は「日本では子犬、猫など動物関連映像コンテンツのコミュニケーション効果が特に高いほうだ。この点に着目して伴侶動物の親近感と好感度を活用して韓国観光の魅力と安全性を広報するために同映像物を企画した」とし、「韓国旅行の需要が新型コロナ克服以降実際の韓国旅行につながることができるようにさまざまな広報方法を工夫している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国観光公社、伴侶動物を活用した風変りなマーケティングで日本市場を攻略

    2020.08.18 11:28
    뉴스 메뉴 보기
    子犬が延南洞(ヨンナムドン)のカフェでメニューを見ている姿
    TOP