주요 기사 바로가기

韓国、教会・職場・学校・市場で同時多発的な感染「首都圏、一触即発の危機状況」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.14 09:35
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が教会・市場・学校・ファーストフード店など所々で発生すると、防疫当局が「新型肺炎状況が今は危機」と明らかにした。

中央防疫対策本部のクォン・ジュヌク副本部長は13日、記者会見で「休みと休暇シーズンを迎えて国内発生が連日増加傾向」として「ソウルをはじめとして首都圏は一触即発の状況」と分析した。彼は現在の状況が5~6月よりさらに深刻だと捉えた。「この前は単一感染源から連鎖的に広がったが、最近では無症状感染者などが静かに感染させて教会・職場・学校・市場などで同時多発的に発生している」という理由でだ。

中央防疫対策本によると、この日0時基準で新規感染者は56人(国内発生47人、海外流入9人)だ。前日に続いて2日連続で50人台となった。感染経路が不透明な感染者の割合も13.4%(最近2週間基準)に達した。感染経路が分からない感染者が多くなれば拡散傾向はさらに大きくなる可能性がある。

ソウルロッテリアの集団感染はこの日昼間12時を基準に累積感染者が11人となっている。防疫当局はこの日、ロッテリア君子(クンジャ)店・面牧(ミョンモク)中央店など8店名を公開し、訪問した人々の中でせきや咽喉痛など症状がある場合、新型肺炎の検査を受けてほしいと求めた。

防疫当局は現在1レベルである社会的距離確保のレベルを引き上げる可能性もにじませた。光復節(解放記念日)連休と夏期休暇などを控えて拡散傾向が大きくなりかねないためだ。クォン副本部長は「連休3日間、旅行や小規模の集い、大規模の集会を通じて感染が増幅すれば、その時は本当に統制が難しい状況が発生する可能性がある」と話した。同時に「今週末と代替休日には大規模であれ小規模であれ集まることを最大限自粛してほしい」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、教会・職場・学校・市場で同時多発的な感染「首都圏、一触即発の危機状況」

    2020.08.14 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル中区(チュング)の南大門(ナムデムン)市場のある商店街で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染者が発生した中で10日午前市場に用意された臨時選別診療所で市民が新型コロナの検査を受けている。キム・ソンニョン記者
    TOP