주요 기사 바로가기

韓国、大雨被害で甚大な被害が出たが…コントロールタワーがない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.13 09:11
0
◆洛東江堤防補完指摘に「問題ない」

実際に2014年12月朴槿恵(パク・クネ)政府当時、総理室の4大河川調査評価委員会は報告書で洛東江陜川昌寧ポ上流の堤防に問題があるので補完が必要だと指摘した。だが、水資源公社や施工者は「問題ない」という結論を出し、2018年7月監査院もこれを受け入れた。当時、陜川昌寧ポ上流の堤防(今回の崩壊地点含む)を十分に検討していたなら今回の事故が起きなかったかもしれない。

水害被害が相次ぐ理由として、専門家は「水の管理や洪水を総括するコントロールタワーがないため」と指摘する。2018年政府組織法改正で水の管理機能を環境部に一元化しながら洪水予報などを担当する洪水統制所は環境部へ渡った。しかし堤防など河川工事や施設管理業務は依然として国土交通部が行っている。加えて都市内の洪水管理は地方自治体と行政安全部の役割だ。

特に気象庁・洪水統制所・水資源公社などを管理して洪水のコントロールタワー役を果たすべき環境部がその役割をまともに果たせずにいるという指摘がある。各地で水騒動が起きたが、今月2日に趙明来(チョ・ミョンレ)環境部長官の主宰で洪水状況対応点検会議が開かれた。

昨年7月には国家水管理委員会も設置されたが、4大河川ポ処理問題で特別な成果なく1年を送った。

建国(コングク)大学社会環境工学部のキム・ソンジュン教授は「水管理が正しく行われるには、溝から河口まで、水資源と水質を含む一元化された管理体系が必要」とし「水管理と関連した総合的なビジョンと計画、すなわちグランドデザインを用意しなければならない」と強調した。 韓国、大雨被害で甚大な被害が出たが…コントロールタワーがない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP