주요 기사 바로가기

訪独後に帰国した康京和外交長官「G7、韓国の参加を歓迎するらしい」加盟は別

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.12 06:51
0
康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が11日、ドイツ訪問日程を終えて仁川(インチョン)国際空港を通して帰国した。康長官は空港で取材に応じて「韓国のG7(主要7カ国)首脳会議の招請に対してドイツも歓迎し、韓国の参加が多くの寄与をしそうだと話した」と明らかにした。

だが、ドイツは韓国のG7加盟国の拡大に対しては留保的な立場を示した。康長官は「今回の会議を越えてメンバーシップを拡大する問題は別の問題」として「(加盟は)加盟国間の多くの議論と協議が必要だということをマース外相が説明し、私もそれに十分に共感した」と明らかにした。本来議長国はG7首脳会議に従来の加盟国でない国をオブザーバー(参観国)資格で招待することができる。議長国が他の加盟国の同意を得る必要もない。

また「韓国は今年世界最大の話題である新型肺炎(新型コロナウイルス感染症)に関して十分に寄与できる能力を持っている国で、その年ごとに韓国が寄与できるアジェンダがあるだろう」と説明した。

一方、、康長官は前日(現地時間)、ベルリン・ドイツ外交部迎賓館でハイコ・マース独外相と「第2回韓独外相戦略対話」を行った。G7拡大を通した韓国の参加を説得するための席と知らされた。マース外相は戦略対話後の記者会見で「今秋、G7首脳会議が開催される場合、韓国が参加することを歓迎する」と明らかにした。

そうした中で6月韓国を招いたドナルド・トランプ米国大統領はホワイトハウスでの記者会見で「G7首脳会議を米大統領選挙(11月)後に開催したい」という意向を明らかにした。

そのため、一部では康長官がG7の議長国である米国の動向をきちんと把握せず訪独の途についたのではないかという見方も提起された。これを受け、康長官は「まだ日程と方式については確定的に通知されたのはない状況」と説明した。

新型肺炎の拡大以降約6カ月ぶりに海外出張に出た康長官は、空港到着後指定場所で新型肺炎検査を受ける。陰性判定の場合、自宅隔離対象から免除されるが、康長官は当分対面接触を最小化する計画だと外交部関係者が明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    訪独後に帰国した康京和外交長官「G7、韓国の参加を歓迎するらしい」加盟は別

    2020.08.12 06:51
    뉴스 메뉴 보기
    康京和外交部長官とドイツのハイコ・マース外相が10日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開かれた「第2回韓独外相戦略対話」が終わった後、記者会見を行っている。[写真 外交部]
    TOP