주요 기사 바로가기

釜山日本総領事「少女像道路占用許可の取り消しを」

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.11 12:03
0
韓国の釜山市東区(プサンシ・ドング)が11日、釜山の市民団体が4日に申請した平和の少女像道路占用許可申請を承認したと明らかにした。

釜山市議会は最近、「日帝下日本軍慰安婦被害者支援及び記念事業に関する条例一部改正条例案」を通過させて少女像占用料を免除した後、市民団体が先月、釜山市東区に占用許可申請をし、東区がこれを承認して合法化を終えた。

これに対し在釜山日本総領事館の丸山浩平総領事は6日、釜山東区庁を訪れて崔亨旭(チェ・ヒョンウク)庁長に会い、「占用許可は『ウィーン条約』に全面的に反するもので、両国関係を著しく損なう」として許可取り消しを求めた。

東区は合法的な手続きに基づき道路占用を承認しただけに許可の取り消しはできないという立場だ。市民団体は日本総領事の要求に強く反発している。

市民団体の関係者は韓国通信社の聯合ニュースに「少女像は市民の力で作られ、国内法に基づき道路占用が承認されたものであり、取り消しを云々するのは明白な内政干渉」と反発した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    釜山日本総領事「少女像道路占用許可の取り消しを」

    2020.08.11 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    釜山日本総領事館前に設置された慰安婦平和の少女像(写真=中央フォト)
    TOP