주요 기사 바로가기

女優シム・ウンギョン主演の映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』、今年公開の日本映画で最高のスコア

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.08.11 11:13
0
女優シム・ウンギョン主演の日本映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす(箱田優子監督)』が日本で大きな成果をあげた。

11日『ブルーアワーにぶっ飛ばす』側によると、この映画は2020年公開された日本映画最高のスコアを達成した。上半期に公開した期待作『来る』、全世界で6400万部が販売された同名の人気漫画原作の映画『キングダム』『君の膵臓をたべたい』、月川翔監督のロマンス新作『君は月夜に光り輝く』などを抜いて今年公開した日本映画で第一週目に1位となったことに続き、全体スコア1位だった人気アニメーション『ONE PIECE』の20周年記念作『ONE PIECE STAMPEDE』を超えて今年公開された日本映画最高のヒット作となった。

韓国では先月22日公開された『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は疲れ果てたCMディレクターの砂田(夏帆扮)が帰りたくなかった地元へ自由な清浦(シム・ウンギョン扮)と旅行に出ることで始まる特別な話を描く。

シム・ウンギョンと夏帆は『ブルーアワーにぶっ飛ばす』で高崎映画祭で最優秀主演女優賞を共同受賞し、息の合った掛け合いを証明したことがある。さらに、脚本と演出の箱田優子監督は初めての長編デビュー作であるにもかかわらず、第22回上海国際映画祭アジア新人部門で最優秀監督賞受賞など華やかな履歴でメディアと評壇の注目を集めた。

一方、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は11日から劇場同時VODサービスをオープンした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優シム・ウンギョン主演の映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』、今年公開の日本映画で最高のスコア

    2020.08.11 11:13
    뉴스 메뉴 보기
    映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
    TOP