주요 기사 바로가기

米国務省「韓日葛藤、解決のためにできる限りのことをする」

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.06 12:01
0
米国務省が韓日間葛藤について「紛争解決のために支援する」という立場を明らかにした。

米国務省報道官室関係者は5日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送を通じて「韓国と日本はこの敏感な問題を解決しなければならない。米国は両国の友人であり同盟として問題解決の努力を支援するためにできる限りのことをする」と話した。

国務省は「『米国は日本と韓国両国の同盟であり友人として3カ国の相互関係と3者関係を強くて緊密にするのがとても重要だと信じている」とし、「3カ国は北朝鮮の挑戦を含む共同の領域内挑戦だけでなくインド・太平洋と全世界の他の優先順位に直面している」と話した。

韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決以降冷え込んだ韓日関係に米国が介入して解決したいという意志を見せたと分析される。米国は昨年7月、日本の輸出規制とそれに対応した韓国の韓日軍事情報包括保護協定の終了決定で韓日関係が悪化すると問題解決を促したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP