주요 기사 바로가기

「1兆ウォン規模」辛格浩ロッテ会長の遺産分割合意…相続税だけで4500億ウォン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.30 08:25
0
辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)ロッテグループ名誉会長の遺族らが最大1兆ウォン(約877億円)と推定される辛名誉会長の遺産分割に合意した。1月に辛名誉会長が死去してから6カ月ぶりだ。

29日の財界によると、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長と辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)元日本ロッテホールディングス副会長、辛英子(シン・ヨンジャ)元ロッテ奨学財団理事長、辛ユミ元ホテルロッテ顧問は最近辛名誉会長の遺産に対する相続比率に合意した。

辛名誉会長の遺産は韓日両国のロッテグループ系列会社株式と不動産を含め1兆ウォン水準と推定される。

このうち韓国の資産は辛東彬会長と辛東主元副会長、辛英子元理事長が分け合い、日本の資産は日本国籍である辛ユミ元顧問が持つという。

ロッテは現在相続人同士の具体的な配分比率協議に入り、韓国株式の配分作業が終わり次第公示を通じて公開する予定だと明らかにした。

辛名誉会長が保有する韓国の株式はロッテ持ち株(普通株3.10%、優先株14.2%)、ロッテ七星飲料(普通株1.30%、優先株14.15%)、ロッテショッピング(0.93%)、ロッテ製菓(4.48%)と、未上場のロッテ物産(6.87%)などだ。

不動産は仁川市(インチョンシ)のゴルフ場用地166万7392平方メートルなどがある。

日本ではロッテホールディングス(0.45%)、光潤社(0.83%)、LSI(1.71%)、ロッテグリーンサービス(9.26%)、ファミリー(10.0%)、クリスピークリームドーナツジャパン(20.0%)などの株式がある。

現行法上、相続人は被相続人の死去後6カ月目となる月の末日までに相続税を申告しなければならない。

辛名誉会長は1月19日に死去したため申告期限は今月31日までだ。韓国株式の相続税約2700億ウォンを含め相続税規模は4500億ウォンに達すると推定される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「1兆ウォン規模」辛格浩ロッテ会長の遺産分割合意…相続税だけで4500億ウォン

    2020.07.30 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテグループ辛格浩創業者の葬儀。前列左から辛東彬ロッテグループ会長、辛俊浩プルミル会長、辛東主前ロッテホールディングス副会長。[写真 ロッテ持ち株]
    TOP