주요 기사 바로가기

韓国慶尚北道、日本2020防衛白書の即時廃棄を求める声明発表

ⓒ 中央日報日本語版2020.07.16 10:42
0
韓国慶尚北道(キョンサンブクト)は15日、日本政府が「独島(ドクト、日本名・竹島)領有権」を主張した2020年防衛白書を発表したことを受け、強く抗議して即刻廃棄を求めた。

慶尚北道はこの日、李チョル雨(イ・チョルウ)道知事名義の声明で「日本政府は14日発表した2020年防衛白書でわが固有の領土である独島を日本の領土だと明らかにするなど、とんでもない主張を16年間繰り返してきた」として「過去帝国主義的な領土への野心に閉じ込められた時代遅れの行為で、国際的な非難を免れないだろう」と糾弾した。

また「独島は歴史的・地理的・国際法的に明白な大韓民国の領土」として「日本の持続的かつ露骨な領土侵奪行為は韓日間未来志向的な協力パートナー関係を阻害する行為であり絶対容認できない」と警告した。

さらに「歪曲された歴史観に基づいた防衛白書を即時廃棄し、北東アジアの繁栄と平和定着に向けた国際社会の努力に積極的に参加してほしい」と求めた。

日本防衛省の防衛白書には独島に関連して「わが国固有の領土である北方領土と竹島の領土問題が依然として未解決のまま存在している」と記した。

これに先立ち、韓国国防部は日本が防衛白書を発刊した14日、駐韓日本大使館の国防武官を呼んで抗議した。韓国外交部も同日、報道官名義の論評で「政府は日本政府が14日発表した防衛白書を通じて歴史的・地理的・国際法的に明白なわが固有の領土である独島に対して不当な領有権主張を繰り返したことに強く抗議し、即時撤回を促す」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国慶尚北道、日本2020防衛白書の即時廃棄を求める声明発表

    2020.07.16 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    李チョル雨・慶北道知事
    TOP