주요 기사 바로가기

日本、また「竹島領空を侵犯」…衝突時の戦闘機出動の名分作り?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 13:53
0
日本が7月23日のロシア軍用機による独島(ドクト、日本名・竹島)領空侵犯について、先月の『防衛白書』に続いてまた自国領空侵犯事例だと主張した。日本統合幕僚監部が30日に公開した「令和元年度上半期の緊急発進実施状況について」と題した資料でだ。

統合幕僚監部は報道資料で、今年の日本領空侵犯事例を2件と明らかにした。続いて、ロシア空軍の空中早期警戒管制機A-50が7月23日に独島領空を侵犯したことについて「竹島領空内を飛行した」とし「令和元年度の領空侵犯」と記述した。

当時、韓国空軍のKF-16戦闘機はロシアのA-50に360発の警告射撃をした。菅義偉官房長官は韓国軍用機の警告射撃について「竹島の領有権 に関するわが国の立場に照らして到底受け入れられず極めて遺憾だと韓国側に強く抗議し、再発の防止を求めた」と述べた。

日本防衛省は先月出した『防衛白書』で独島を「日本固有の領土」とし「(7月23日に)領空を侵犯したロシア政府とロシア機に警告射撃をした韓国政府に対して外交経路で抗議した」と記述した。日本防衛省はこの事件を中国・ロシア軍用機に対応するために航空自衛隊戦闘機が緊急出撃した事例と並べて配置した。独島上空で衝突が発生する場合、日本の戦闘機が出動する可能性があることを示したという観測だ。

日本防衛省がこの日、また「竹島領空侵犯」を主張したのは、今後、独島上空で状況が発生した当時、自衛隊戦闘機を緊急発進するための名分作りではないかという懸念が提起されている。

統合幕僚監部は日本領空侵犯のもう一つの事例として6月20日にロシア空軍の戦略爆撃機Tu-95が南大東島と八丈島の領空に進入した事件を挙げた。南大東島は沖縄から東に400キロの島で、八丈島は東京の南287キロの火山島だ。

統合幕僚監部によると、今年4-9月に航空自衛隊の戦闘機の緊急出撃は計470回だった。前年同期に比べ91回減少した。国別には中国軍用機に対する緊急出撃が332回で、ロシア軍用機は135回だった。その他の国は3回。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、また「竹島領空を侵犯」…衝突時の戦闘機出動の名分作り?

    2019.10.31 13:53
    뉴스 메뉴 보기
    韓国海軍と海兵隊が2018年6月、独島防御訓練を実施している。[写真 韓国海軍]
    TOP