주요 기사 바로가기

出口のない韓国航空業界…乗客90%減、大規模失職の心配まで(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 07:51
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態の余波で最悪の時期に苦しんでいる韓国航空業界が下半期にも茨の道に直面するという懸念の声が上がっている。新型肺炎以前の需要回復まで少なくとも2~5年がかかるという悲観的な見通しが続いている中、イースター航空発大規模失職事態に対する懸念の声も高まっているためだ。

5日韓国航空協会によると、今年4-6月期の大韓航空を含む国籍航空会社9社の国際線旅客数は32万8348人で、昨年4-6月期(1521万7359人)に比べて97.8%急減した。1-3月期に続いて4-6月期まで新型肺炎の余波が続き、今年上半期だけで6兆5000億ウォン(約5825憶円)に達する売り上げの被害が発生したと推算される。

航空会社別では国際線の運航率が20%台に留まった大韓航空の4-6月期の国際線旅客数は19万458人で前年同期(504万4013人)より96.2%減った。アシアナ航空も昨年4-6月期348万9554人から今年4-6月期には12万574人へと96.5%も国際線のお客さんが減った。格安航空会社(LCC)の中で唯一国際線の定期便を運航しているチェジュ航空の4-6月期の国際線旅客数も1万3127人で、昨年同期(201万1633人)に比べて99.3%急減した。

海外旅行が事実上不可能な状況の中で旅行需要が国内に集まり、それなりに国内線旅客数を確保したという評価だ。4-6月期の国内線旅客数は524万6248人で、前年同期(843万8524人)に比べて37.8%減少した。だが、今年4-6月期もLCCを中心に国内線路線拡大の競争の中で航空券価格が下がったせいで航空会社の売り上げ回復には大きな影響を与えなかったという。航空業界関係者は「下半期には無条件危機から脱出しなければならない」としながら「各航空会社が国内線の拡大と国際線路線の運航再開で突破口を見出しているが、簡単ではない状況」と話した。

国籍航空会社は新型肺炎で遮られた空の道を開けるために速度を出している。ティーウェイ航空は22日から仁川(インチョン)-ホーチミン、仁川-香港2路線の運航を再開する。国際線の運航再開は4月ぶりだ。これに先立ち、エアプサン、エアソウル、ジンエアー、イースター航空などLCCは新型肺炎事態で3月から一時的に国際線の運航を全面中止したことがある。

大韓航空は今月国際線の35路線を週179回運航する。6月に比べると仁川-ダラス、仁川-ウィーンの路線が追加された。アシアナ航空も仁川-大阪、仁川-ロンドン、仁川-パリなどの運航再開に出る。

また、他の航空業界関係者は「新型肺炎事態が現在進行形で、入国制限措置を取る国が多く旅行需要の回復は遅い状況」とし「路線変動の可能性が大きく運航スケジュールがいつでも変わり得るが、まず供給を増やしていくという計画」と話した。 出口のない韓国航空業界…乗客90%減、大規模失職の心配まで(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    出口のない韓国航空業界…乗客90%減、大規模失職の心配まで(1)

    2020.07.06 07:51
    뉴스 메뉴 보기
    仁川(インチョン)国際空港の旅客機ターミナルに航空機が駐機している。キム・ソンニョン記者
    TOP