주요 기사 바로가기

世界75位の40%…全米女子オープン出場権を得た韓国女子ゴルファー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.02 14:51
0
今年12月開催予定の全米女子オープンゴルフ大会の出場資格が決定した。今後の新型コロナ感染拡大状況を見なければならないが、多くの韓国選手が同大会の出場権をつかんだ。

大会を主催する米国ゴルフ協会(USGA)は2日(日本時間)、 全米女子オープンの出場資格を決定、発表した。12月に米テキサス州ヒューストンで開催される同大会には156人が出場する。ただ、新型コロナの余波で例年とは違い予選大会が行われない。このため大会に直行できる範囲が世界ランキング50位から75位にまで拡大された。世界ランキングは世界ツアーが中断される前の3月16日付を基準とする。

このランキングによると、75位に入った韓国選手は全体の40%に該当する30人。一方75位内に入る米国選手は16人だ。

過去10年間の全米女子オープンで優勝した選手(イ・ジョンウン6、パク・ソンヒョン、田仁智、朴仁妃、崔羅蓮、柳簫然)、過去5年間のメジャー大会優勝者(コ・ジンヨン、金寅敬)、昨年のCMEグローブポイント上位30位選手(キム・セヨン、キム・ヒョジュ、ホ・ミジョン、池恩憙、梁熙英)、韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアー賞金上位5選手(チェ・ヘジン、チャン・ハナ、イ・ダヨン、イム・ヒジョン、チョ・アヨン)を除けば、韓国選手13人が世界ランキング75位内に入り、全米女子オープン出場権を得ることになった。

日本舞台で活躍中の申智愛(シン・ジエ、26位)、ペ・ソンウ(33位)、イ・ミンヨン2(46位)、アン・ソンジュ(58位)、米国でプレーするイ・ミヒャン(48位)、チェ・ウンジョン(74位)、韓国国内でプレーするパク・ミンジ(53位)、イ・ソミ(54位)、チョ・ジョンミン(64位)、イ・ソヨン(65位)、キム・アリム(70位)、キム・ジヨン2(72位)、パク・チェユン(73位)だ。

USGAは11月11日基準でLPGAツアー賞金上位10人、LPGA2部ツアー賞金上位5人、11月4日基準でアマチュア世界上位20人の中からも、それまで全米女子オープン出場資格を得ていない選手に出場権を与える。昨年の大会ではイ・ジョンウン6が優勝した。今大会は12月10-13日に米テキサス州ヒューストンのチャンピオンゴルフクラブで開催される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界75位の40%…全米女子オープン出場権を得た韓国女子ゴルファー

    2020.07.02 14:51
    뉴스 메뉴 보기
    昨年の全米女子オープンで優勝したイ・ジョンウン6。[写真 JTBCゴルフ]
    TOP