주요 기사 바로가기

【社説】地球村のコロナ患者1000万突破…防疫の安全ベルトをさらに強く締めるべき=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 14:41
0
世界全体の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者数が昨日1000万人を突破した。累積死亡者も50万人を突破し、文字通り人類の大災難がもたらされた。中国政府が昨年12月31日に世界保健機関(WHO)に湖北省武漢一帯で正体不明の肺炎が発生したと報告してから179日目のことだ。

過去6カ月の間、新型コロナは世界各地214カ国を感染させた。コロナパニックを引き起こし、世界経済には大恐慌のときよりも悪くなるのではないかという懸念が広がっている。特に、夏がくれば一段落するだろうという見通しとは違い、北半球に真夏の猛暑が近づいても新型コロナの勢いはかえって増している。米国・ブラジルなど一部の国は経済を優先して防疫の手を緩めたため感染者の統制に、事実上、失敗した。米中は責任をなすり付け合いに忙しく、WHOはお手上げ状態だ。新型コロナワクチンと治療剤の開発は話は盛んに出てくるだけでまだ期待難望だ。

韓国も例外ではない。5月6日から「生活の中の距離確保(生活防疫)」に切り替えてから首都圏で2次大流行が始まった。特に、大田(テジョン)・忠清(チュンチョン)圏と湖南(ホナム)圏で急速に拡散している。

疾病管理本部が「もう全国に安全なところがない」というほど韓国全体が新型コロナにさらされている。政府は総選挙を前後して、海外から「防疫模範国」と称賛を受けてK防疫を集中的に広報したが、今はそのような自画自賛に酔っているときではない。改めて防疫のベルトを締め直さなければならない。徹底した防疫で犠牲を減らして時間を稼がなければならない。

そのためには青瓦台(チョンワデ、大統領府)・保健福祉部・疾病管理本部・地方自治体が心機一転しなければならない。すでに長期戦に伴う疲労累積に猛暑が重なり、事実上、脱力状態の医療スタッフの安全を守るために穴があってはいけない。それでも政府と地方自治体の対応を見ていると、依然として信じられない弱点が多い。疾病管理本部は毎日のように感染者が増えたあとに「オオカミ少年」よろしく「オオカミが来た!」と一歩遅れて叫んでいるため信頼が揺れている。集団感染が発生する前に危険施設を探して強力な先制措置を取らなくてはならない。

ソウル市の場合、今月15日から市内1800カ所のルームサロンなど一般の遊興施設の営業再開を決めた。首都圏で新型コロナが拡散している厳しい状況を考慮すると、今回の決定は性急だった。江南(カンナム)のルームサロンのような風俗店は代表的な「3密(密閉・密集・密接)危険施設」だからだ。政府と地方自治体は新型コロナで打撃受けた内需消費の振興を前面に出して、今月26日から2週間「大韓民国同行セール」行事を大々的に行っている。だが、この過程でソーシャル・ディスタンス(社会的距離の確保)がしっかりと守られていないという指摘があがっている。

経済を活性化することももちろん大切だが、いい加減な防疫ではどちらも共倒れになる場合がある。2次大流行はそれだけ新型コロナとの戦いの難易度が高まったという意味だ。準備体操次元の1次戦で善戦したという防疫当局は、そろそろ真の実力を見せるべき試験台にあがった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP