주요 기사 바로가기

菅氏、「軍艦島」歪曲をめぐる論議に「客観的な資料を紹介」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.25 07:17
0
菅義偉官房長官は24日、日本政府の「産業遺産情報センター」が「端島(別名・軍艦島)では朝鮮人に対する差別がなかった」という歪曲された内容を展示して論議を呼んでいることに対して「センターにある資料は客観的な1次資料」と主張した。

菅氏はこの日午後、記者会見で「韓国政府の世界文化遺産登録の取り消しを求める方針に応じないように国連教育科学文化機関(ユネスコ)に求めるつもりはないか、日本政府は軍艦島を含んで戦前に日本社会に差別的な対応があったとみるか」という質問を受けた。

これを受け、菅氏は「いずれにしてもわが国はこれまでに世界遺産委員会による決議、勧告などを誠実に履行してきており、引き続き適切に対応していきたい」としながら「このような立場は日ごろから常にユネスコに伝達してきている」と答えた。

また「戦前、また戦時中の個別事例は(人々によって)状況が異なり、政府が一概に答えることは困難だ」としながらも「産業遺産情報センターにある証言映像は端島炭鉱において、戦前に生活していた元住民の当時の生活状況や労働環境、朝鮮半島出身者などとの関わりなどを紹介する客観的な1次資料」と主張した。

15日、一般観覧を始めた産業遺産情報センターは、軍艦島に住んでいた元住民の証言だとして「朝鮮人の差別はなく、かわいがってもらった」という内容などを紹介した。

菅氏の主張はこのような証言が当時の状況を見せる客観的な資料という意味だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    菅氏、「軍艦島」歪曲をめぐる論議に「客観的な資料を紹介」

    2020.06.25 07:17
    뉴스 메뉴 보기
    産業遺産情報センターの内部[写真 産業遺産情報センター]
    TOP