주요 기사 바로가기

徐ギョン徳教授、「日本は約束履行していない」…軍艦島の世界遺産撤回を要求

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.04 11:03
0
韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に軍艦島の世界遺産撤回を促したと4日に明らかにした。

徐教授はユネスコのアズレ事務局長と世界遺産委員会委員国21カ国に送った書簡で、「4年が過ぎても日本は約束を履行していない。情報センターなどが正しく作られないならば世界遺産登録を撤回するのが望ましい」と指摘した。

日本は2015年7月の世界遺産委員会会議で軍艦島など日本近代産業施設が世界遺産に登録なされた際に、韓国人などの強制労働犠牲者を称えるための情報センター設置のような措置をすると約束した。

最近軍艦島を訪れた徐教授は日本政府が約束を履行していないことを示す現場踏査写真を書簡に同封した。徐教授は「最近になって日本の極右団体が軍艦島で強制徴用はなかったという虚偽映像をユーチューブに広告として出し、国連でシンポジウムを開催するなど多様な方法で国際社会に歴史歪曲をしておりこれを正したかった」と話した。続けて「ユネスコ登録後に新たに作った展示館、アプリとVR提供など単に観光地としてだけ広報している状況だ。このように動きがまったくない日本に世界的な世論で圧迫することが最も効果的だと判断して資料を送ることになった」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    徐ギョン徳教授、「日本は約束履行していない」…軍艦島の世界遺産撤回を要求

    2019.07.04 11:03
    뉴스 메뉴 보기
    軍艦島を眺める観光客(写真=徐ギョン徳教授)
    TOP