주요 기사 바로가기

文大統領「自信を持って話すが、新型コロナは依然として統制範囲内にある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.23 16:40
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日に青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)で閣議と首都圏防疫対策会議を主宰し、「政府が提出した追加補正予算案に対する国会審議が20日にわたり着手すらできずにいる。厳しい国民と企業としてはとても遺憾な状況だ」と話した。

韓国政府は4日に新型コロナウイルスによる景気低迷に対応するため35兆3000億ウォン規模の追加補正予算案を国会に提出した。だが第21代国会の院構成が遅れ追加補正予算案審査は行われていない。

文大統領は「一刻を争う緊急な状況だ。追加補正予算案処理が遅れれば遅れるほど国民の苦痛が大きくなる」として国会に追加補正予算案処理を求めた。文大統領はまた、「景気回復のタイムテーブルを繰り上げる計画にも支障が生じる。そうでなくても厳しい経済状況で内需活力と輸出回復、投資促進と地域経済活性化など経済活力措置を早期に施行できなくなる」と付け加えた。

文大統領は「国を挙げて国家的危機を解決するために力を集めている。国会の協力さえ加わればコロナ危機と経済危機を克服していくのに大きな力となるだろう」と話した。続けて「国会の運営と関連したことは国会が決める問題だ。しかし国民の命と民生と直結した事案はどんな理由でも遅滞してはならない」とした。

文大統領は新型コロナウイルス防疫と関連しては「自信を持って申し上げるが韓国の新型コロナ状況は依然として統制と管理できる範囲の中にある」と話した。その上で「いま新型コロナの安定は首都圏にかかっていると言っても過言ではない。防疫当局と首都圏の自治体間の緊密な協力を求めたい」とした。

この日の会議は新型コロナウイルスが感染が再び拡大している首都圏の防疫対策を議論するためにも開かれた。会議には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、朴南春(パク・ナムチュン)仁川(インチョン)市長、李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事も参加した。前日に鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長は首都圏の新型コロナウイルス拡散と関連、「5月の連休に2次流行が触発され現在まで進行している」と説明した。

文大統領と閣僚らは「122609太極旗バッジ」を着用して会議に参加した。遺族の懐に戻れなかった国軍戦死者12万2609人の護国英雄を記憶する太極旗バッチ着用キャンペーンの一環だ。閣僚らは26日までバッジを着用する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「自信を持って話すが、新型コロナは依然として統制範囲内にある」

    2020.06.23 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が23日午前、青瓦台(韓国大統領府)で開かれた閣議と首都圏防疫対策会議で発言している。文大統領はこの日の閣議で案件を審議するのに先立ち、首都圏防疫対策会議を開いて新型コロナウイルス防疫態勢を点検した。この日の会議にはソウル市の朴元淳市長、仁川市の朴南春市長、京畿道の李在明知事が参加した。ピョン・ソング記者
    TOP