주요 기사 바로가기

爆破9時間後に非難水準上げた北朝鮮メディア「天罰を催促する無分別な発狂」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.17 08:21
0
北朝鮮が開城(ケソン)工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破して9時間ほど過ぎた17日、対内・対外宣伝メディアは韓国の政界と脱北者を猛非難する宣伝を引き続き上げている。これらメディアは厳しい語調で韓国に対する非難レベルを高めた。

この日「わが民族同士」は、「天罰を催促する対決妄動」という見出しの記事を通じ、「事態の深刻性を認識する能力もないただのおばけのかかしにも劣る南朝鮮の保守輩党が立場もわきまえず身のほど知らずに『厳重な警告』とか『断固と対応』とか言いながら分不相応な話をしまくっている。同族に対する敵対意識が骨髄に染みつくだけ染みついた保守逆賊どもだけが吐き出すことができる対決妄言、天罰を催促する無分別な発狂に違いない」とした。

このメディアは「虫にも劣る人間醜物を使ってわれわれの精神的柱であり核である最高尊厳を刺激する南朝鮮(韓国)当局の対決的処置やわれわれの報復措置をめぐり、『警告』と『対応』などと大声を張り上げる保守輩党の対決妄動を見れば、敵はやはり敵で、敵とは一寸も妥協してはならないという決心だけさらに固めることになる」ともした。

同メディアは前日の連絡事務所爆破挑発を直接的に取り上げはしなかった。しかし「われわれの報復措置」など遠回しな表現で北朝鮮の挑発に対する韓国政界の警告メッセージを非難したと分析される。前日に青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は国家安全保障会議(NSC)常任委員会議を緊急招集した後、「北朝鮮が状況を悪化させ続ける措置を取る場合、われわれはそれに強力に対応することを厳重に警告する」という立場を出している。

同メディアはまた、韓国を狙い「自ら作った災いなのでだれかのせいにすることもできない。激怒するだけ激怒したわれわれの無慈悲な報復は世の中に公表したそのままに最後まで徹底して決行していくだろう」「南朝鮮当局と保守輩党はこの地がそのまま懲罰の噴火口となり吹き上げる巨大な爆発がどんなものなのかをもうしっかりと体験することになるだろう」など非難を継続した。

また別の対外宣伝メディア「こだま」も、「挑発の牙城を根こそぎ爆破してしまわなければならない」という見出しの記事を通じて脱北者を狙った。この記事は北朝鮮国内の人々の反応を伝える形式で掲載された。

同メディアは金日成(キム・イルソン)総合大学歴史学部教員キム・ジュシク氏の発言と紹介しながら「どの学部、どの学級の学生たちもみな火を吐いている。すぐに席を蹴って板門店(パンムンジョム)に走っていき、『脱北者』のくずどもを屠殺し対決狂に魂が抜けるほどの厳しい打撃を食らわせよう」と書いた。

脱北者団体が境界地域で北朝鮮に向けてビラを散布する行為を狙ったとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP