주요 기사 바로가기

【コラム】真実の最大の敵は神話だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.04 17:16
0
外交は歴史観の投影だ。米中対立は険悪だ。貿易、香港国家安全法、軍事力対立の総体的対立だ。両国は韓国を圧迫する。文在寅(ムン・ジェイン)外交はどの道なのか。中国と仲良くするのは難しい。記憶の整頓が選択の出発だ。それは誤った神話、失敗した仮説、生半可な予測から抜け出すことだ。

まず対象はカイロ会談(1943年11月)だ。宣言文に植民地朝鮮の独立条項が盛り込まれた。「臨時政府金九(キム・グ)主席の要請に伴う中国蒋介石総統の努力のおかげだ」。この話は長い間の常識だ。神話に格上げされた。それは真実なのか。金九の要請は確かだ。蒋介石の役割は途轍もない誇張だ。

エジプトの首都カイロに米大統領フランクリン・ルーズベルト、英国首相ウィンストン・チャーチル、蒋介石が集まった。韓国独立はルーズベルトと蒋介石の会談の付随的議題だった。蒋介石の台湾政府の記録(1956年)はこうだ。「蒋総統が朝鮮の独立を認める必要性を強調した」。米国務省の関連記録(FRUS、1960年代秘密解除)は反対だ。ルーズベルトの指摘は衝撃だ。「(蒋介石の)中国が満州と韓国の再占領を含む広範囲な野心を持っているのは疑う余地がない」。

会談場にルーズベルトの息子エリオット(武官)が同席した。彼の回顧録『As He Saw It』は決定的だ。「大統領が日本占領地について尋ねた。蒋総統は韓国の運命に徳に関心がないようだった」。

どの記録が正しいのか。米国は連合国の盟主だ。終戦後の国際秩序はルーズベルトの構想だ。核心は帝国主義・植民地の解体だ。韓国独立はニューディール政策の国際版だ。その条項の演出・主演はルーズベルトだ。蒋介石は消極的助演だ。同年7月に金九は蒋介石に頼んだ。それは会談での朝鮮独立問題の議論だ。蒋介石は実践で先に立たなかった。その動きは金九に対する裏切りだ。

日清戦争(1894~95年)の敗北で中国は朝鮮から撤退した。その状況は絶望的喪失だ。蒋介石の悲願は韓半島(朝鮮半島)での中国の影響力復活だ。新中国の建国者毛沢東の野心も同じだ。習近平国家主席の中国夢はその遺志の継承だ。

ジョン・F・ケネディ元米国大統領は生半可な神話の毒性を看破した。「真実の最大の敵は、根強くもっともらしい神話だ」。蒋介石のカイロ神話は本当の障害だ。それは対外政策の誤った判断を招く。6カ国協議の失敗で実感できる。韓国は中国の善意を期待した。北朝鮮の核兵器開発抑制の役割だ。中国の意図は巧妙だった。それは北東アジアでの中華勢力圏拡張だ。中国は歴史的宿願解決に6カ国協議を活用した。北朝鮮の核に対する中国の姿勢は二重的だ。叱責と援護が入り交じる。

今年は天安門事件31周年だ。この事件は中国の民主化問題だ。産業化の後は民主化だ。大韓民国はその発展の劇的成就事例だ。多くの専門家は中国のリーダーシップも韓国のように進むと予想した。それは誤った仮説、生半可な誤判断だ。米国も同様の判断錯誤をした。中国の目標は歴史の復讐だ。西欧、米国、日本にやられた侮辱をやり返すことだ。南京条約以降の中国近代史は恥辱だ。中国は覇権の爪をひそかに育てた。韜光養晦は老獪な欺瞞戦術だ。

習近平の言葉から爪が現れた。「中国という獅子はすでに目覚めた」。米国はその切歯腐心を遅れて把握した。中国に対する米議会の攻勢は超党派的だ。中国の「戦狼」外交は自分より弱い国として扱うことだ。中国のTHAAD圧迫はその試験台だ。文在寅外交の親中偏向は中国に好機だ。米中対決は真剣勝負だ。中国は「獅子」の姿勢で向き合っている。

新型コロナウイルスで中国のイメージが再構成された。デジタル監視と巨大な統制のIT全体主義の容貌だ。中国の傲慢と無責任は多くの韓国人を憤怒させた。米国の新型コロナ死亡者は10万人を超えた。「ジョージ・フロイドの死」は慢性的な闇だ。トランプ執権後に黒人差別は激しくなった。韓国の対外政策はジレンマだ。だが国際政治は冷酷な力の対決だ。

ホー・チ・ミンはベトナム建国の父だ。彼の知恵は独特の想像力を提供する。第2次世界大戦終戦後フランスはベトナムに再び進駐した。中国軍も入ってきた。両面の苦痛だ。ホー・チ・ミンの選択は歴史観の注入だ。「中国がベトナムの地に入ってくれば1000年は居座る。フランスの植民主義は死につつある」。中国軍が先に退いた。8年後にフランス軍がディエンビエンフーの戦いに敗れ撤退した。

文在寅外交は「戦略的あいまいさ」に頼る。米中のどちらにも偏らないようにする。だがその習慣的長期化は危険だ。双方から軽蔑と無視を受ける。盧泰愚(ノ・テウ)政権の北方外交以来地政学のノウハウが蓄積された。金大中(キム・デジュン)元大統領はそれを「1同盟・3親善」に圧縮した。米国とは軍事同盟を強固にし、中国・日本・ロシアとは親善体制を維持する」。民主党の会議場に金大中元大統領の写真が掲げられている。彼の言葉は遺言のように突き刺さる。「国内政治は失敗しても直せば良いが、外交の失敗は取り返しがつかない」。

パク・ボギュン/中央日報論説委員・コラムニスト

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP