주요 기사 바로가기

背後説提起に、慰安婦被害者の李容洙さん「二度とそういうことは言うな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.27 08:11
0
世論市場で「メッセージ(主張する内容)を用いて戦い、勝つことが難しいと感じた時、何をするか。そのメッセージを発信した人(メッセンジャー)の人格を攻撃すること」〔柳時敏(ユ・シミン)氏/盧武鉉(ノ・ムヒョン)財団理事長〕というアプローチ法がある。メッセージに論駁することよりもメッセンジャーを非難する。与党「共に民主党」当選人の尹美香(ユン・ミヒャン)氏と韓国挺身隊問題対策協議会〔挺対協、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)の前身〕に対する李容洙(イ・ヨンス)さん(92)の問題提起に対する汎与党圏の対応方式もこれと同じだ。李さんの25日の2回目の記者会見以降はさらに深刻になった。

与党寄りの放送人キム・オジュン氏は26日、「背後説」を主張した。「記者会見文を読んでみると、李容洙さんが書いたものではないことが明白に見て取れる。誰かがわい曲に関与したのではないか」としながらだ。特に、李さんの「少数の名望家に依存せず、挺対協の成果を国民の力で、新しい力として準備しなければならない」という部分を指摘しながら「その年齢の年配の方が使う言葉ではない。市民団体が組織を導く時に使われる単語」と主張した。

すると李さんが直接反論した。この日、JTBCとのインタビューで「(私は)無知な人間だ。だが記者会見文は私が読んで書いてこうして書いた」とし「横に(養女の)娘がいるから、このままちゃんと書いてほしいと言った」と話した。それからキム氏を指すかのように「あなたも私の年になってみなさい。文をちゃんと書くことができるか。そういうことを挙げつらってあれこれ言うべきではない。二度とそういうことは言うな」と話した。

民主党員だという李さんの養女も中央日報の電話取材に対して「おばあさんの話を直接聞いて消して、直して数日間話し合いながら記者会見文を書いた」とし、キム氏に対して「背後がいるかどうか気になるなら私に直接電話して聞きなさい」と話した。

崔敏姫(チェ・ミニ)元民主党議員は、「美味しいものを食べさせてほしいと言ったが金がないと言われた」と話した李さんの主張に関連して「そのように寄付金を使ってはいけない。ご飯を食べるからと言って支出できない構造だ」と攻撃した。これについては、慶南(キョンナム)大学のキム・グンシク教授が「公式行事の主体として活動されたおばあさんに行事後に食代として使うのは誰も何も言えない合法的支出」と反論した。

与党志向の一部のオンライン掲示板では、李さんの記者会見場に郭尚道(クァク・サンド)未来統合党議員がいたという主張も広がった。郭議員は当時、汝矣島(ヨイド)にいた。

こうした中、尹氏の沈黙が長くなっている。18日のラジオインタビュー以降、公式活動を一切行わずに姿をくらましている。今月7日、李さんの1回目の記者会見直後、積極的に説明に出た様子とは180度異なる。

その間に民主党の雰囲気も変化している。「事実糾明が先」という基調から「尹氏も立場を出すのが当然の道理」〔姜勲植(カン・フンシク)首席報道官〕という言葉も出ている。4日後の30日に第21代国会が開会すれば尹氏は任期中は不逮捕特権を持つ。ただし、党内外では不動産疑惑で除名されたヤン・ジョンスク氏に比べて尹氏に「過度に寛大なのではないのか」という指摘もある。▼与党圏に近い市民団体であるうえに▼尹氏には「同志」という意識があり▼現政権の対日強硬基調に悪影響を与えるのではないか懸念しているから--という分析だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    背後説提起に、慰安婦被害者の李容洙さん「二度とそういうことは言うな」

    2020.05.27 08:11
    뉴스 메뉴 보기
    旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん
    TOP