주요 기사 바로가기

北朝鮮、WHOで「新型コロナ陽性ない、この機会に制裁撤回せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.20 16:53
0
スイスのジュネーブで18~19日に世界保健機関(WHO)の最高意志決定会議である第73回世界保健総会(WHA)が開かれた。北朝鮮はこの席で立場文を通じ「新型コロナウイルス事例はただの1件もない」と再度主張した。北朝鮮の発言要旨は以下の通りだ。

北朝鮮代表部はWHA総会で一般声明を通じ、「わが国でただ1件の新型コロナウイルス陽性事例がないということに自負心を感じる。これは金正恩(キム・ジョンウン)委員長同志の卓越した指導力と人民に向けた愛の高貴な政治のおかげ」と主張した。

新型コロナウイルス陽性事例はないが初期から防疫に向けた「全人民闘争」を金正恩国務委員長の指示で行ったと紹介し、「北朝鮮政府は伝染病発生初期から外部流入を遮断するための科学的・先制的超特級非常防疫体系に迅速に転換し、全国家的な闘争を行った。莫大な経済的損失にもかかわらず、人民の命と安全とは交換できないというのが委員長同志の考え」とした。

その上で制裁緩和を要求することもした。「敵対勢力の前例のない制裁と封鎖にもわが政府は完全で総合的な無料診療と予防的医療政策を実施してきた。今回の機会にわれわれは国連憲章とその他国際法に反する一方的な経済・金融・貿易に対する制限と反人道的な制裁を即刻撤回することを強く促す」とした。

北朝鮮代表部はまた、新型コロナウイルスで「WHO責任論」乱打戦を行う米国と中国に対し、米国をそれとなくさげすみ中国の肩を持つ発言もあった。「一部の国が不純な政治的目的に大災害を利用しようとする試みを警戒しなければならない。WHOの警告を無視し適切な措置を取らずにもたらされた問題の責任をWHOと加盟国1カ所に転嫁するのは無責任のまた別の表現」としながらだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP