주요 기사 바로가기

国連事務総長「性的少数者、コロナの主犯にレッテル…殺害危険に直面」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.18 09:20
0
アントニオ・グテーレス国連事務総長が16日(現地時間)、「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の大流行で性的少数者(セクシュアル・マイノリティ、LGBT)が差別と嫌悪に脆弱な立場に置かれている中、カミングアウトデーを迎えることになった」として差別に対する警戒心を促した。国連傘下メディア国連ニュースによると、グテーレス事務総長は「カミングアウトデー」を一日前にしてこのような声明を発表した。

グテーレス事務総長は「性的少数者は彼らがある性向を持っているという理由だけで偏見、攻撃、殺人危険に直面している」として「ところが、新型肺炎の拡大とともに多くの性的少数者がもっと深刻な差別を体験することになった」と明らかにした。また「多くの性的少数者は新型肺炎の局面でレッテルがつけられることが多くなり、警察は防疫指針を誤用して性的少数者を標的にしているという報道もある」と付け加えた。

ミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官も新型肺炎による危機が性的少数者の状況を悪化させたと明らかにした。バチェレ弁務官は「性的少数者は医療サービスを受けようとしたが、家族にさえ激しい烙印や差別、暴力に露出する可能性がある」とし、「一部の地域では性的少数者が新型肺炎の拡散の主犯と見なされたりもする」と付け加えた。

また、性的少数者に向かった差別や暴力、憎しみに沈黙を破るよう求めた。彼は「全世界の数多くの人類の暮らしに致命的な影響を及ぼすのは性的少数者に対する敵対的態度」として沈黙せずに対応しようと明らかにした。

グテーレス事務総長は「すべての人は彼らの尊厳性と権利の中で自由かつ平等に生きる権利がある」と話した。

国連事務総長名義の今回の声名は最近、韓国梨泰院(イテウォン)を中心に広がった新型肺炎の集団感染に関連したものとみられる。梨泰院集団感染が広がった場所とされるクラブなど遊興施設の中で性的少数者が利用する所があるということが分かり、インターネットを中心に性的少数者を非難する声があがった。

感染の可能性がある人々の中で性的少数者が含まれた可能性と、性的少数者が防疫当局に協力する過程で性的アイデンティティの公開が余儀なくなれる状況が続き、人権問題が浮き彫りとなった。その後、防疫当局は「梨泰院一帯の訪問者」に検査対象を広範に広げて匿名の検査を保障すると明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国連事務総長「性的少数者、コロナの主犯にレッテル…殺害危険に直面」

    2020.05.18 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    韓国梨泰院集団感染が広がった場所とされるクラブなど遊興施設の中で性的少数者が利用する所があるということが分かり、インターネットを中心に性的少数者を非難する声があがった。
    TOP