주요 기사 바로가기

慰安婦支援団体「挺対協」、安城の慰安婦の憩いの場を3億ウォン以上高く買っていた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.18 07:43
0
慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会〔挺対協、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前身〕」が2013年に京畿道安城(キョンギド・アンソン)の慰安婦被害者の憩いの場を相場より数億ウォン高く購入していたことが分かった。挺対協はこの物件を7億5000万ウォン(現レートで約6510万円)で買って4億2000万ウォンで売ったが、核心は安値売却ではなく高価購入だ。正義連の説明を反映して総建築費を算定してみても4億5000万ウォンほどにしかならない。

挺対協は2013年9月、京畿安城市金光面上中里(クムグァンミョン・サンジュンリ)にある地上2階の一戸建て住宅を7億5000万ウォンで買い取った。現代重工業が慰安婦被害女性のための憩いの場造成に使うように10億ウォンを指定寄託したものに伴うものだった。登記簿謄本によると、住宅は延べ面積195.98平方メートル(約59坪)、敷地面積800平方メートル(242坪)だ。2012年に建築された。

正義連は17日、「最終候補地3カ所を現地調査し、類似の条件の建築物売買相場が7億~9億ウォンであることを確認した」と明らかにした。

だが、国土交通部実取引価額公開システムを確認した結果。2013年安城市金光面であった一戸建て住宅取引13件のうち4億ウォン以上で売れたのはたった2件だった。挺対協が購入した住宅が1件で、9億ウォンで売れた住宅が1件あるが、敷地面積が3003平方メートル(約908坪)ではるかに広いうえ4階建ての多世帯住宅だった。

憩いの場の住宅と類似の条件の住宅はほぼ同じ時期にはるかに安く売れていた。2014年4月、同じ上中里にある敷地面積843平方メートル(約255坪)の1階レンガ造りの家は2億ウォンで売買された。挺対協が購入した住宅の1年前である2011年に建てられた家で、距離はわずか1キロメートルほどしか離れていない。

挺対協が住宅を購入した経緯を見るとますます納得できない。全く見知らぬ第三者から購入したものでもないためだ。当時、安城(アンソン)新聞の代表であり今回の総選挙で与党「共に民主党」安城市候補から出馬して当選した李圭閔(イ・ギュミン)氏が、当時挺対協代表で同じく今回「共に民主党」に当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏の要請を受けて紹介した。家を売ったのはOOスチールハウスのキム代表だが、当時の安城新聞運営委員長で李圭閔氏の知人だ。 慰安婦支援団体「挺対協」、安城の慰安婦の憩いの場を3億ウォン以上高く買っていた(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慰安婦支援団体「挺対協」、安城の慰安婦の憩いの場を3億ウォン以上高く買っていた(1)

    2020.05.18 07:43
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道安城市金光面の瑞雲山の麓にある慰安婦被害者のための憩いの場「平和と癒やしが出会う家」全景。チェ・ヘソン記者
    TOP