주요 기사 바로가기

韓国大統領府は否定しているのに…トランプ氏また「韓国、相当な額の金を出す、ありがとう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.08 10:25
0
米国のドナルド・トランプ大統領が7日(現地時間)、韓国との防衛費分担金交渉に関連して「韓国がわれわれに相当な額の金(substantial money)を支払うことで合意した」と再度主張した。トランプ大統領は先月も「韓国がより多くの金を出すことで合意した」としながら防衛費増額を圧迫したことがある。

米国公営放送であるPBSによると、トランプ大統領はこの日ホワイトハウスでテキサス州のグレッグ・アボット知事と会った席で話をやり取りしていた途中に、「私は、米国が非常に金持ちの国々を無料で、またはほとんど何も受けないで防御しているということを言いたい」として防衛費分担金問題を取り上げた。

トランプ大統領は「韓国がわれわれに対して相当な額の金を支払うことで合意した。そのことをわれわれは非常にありがたく考えている」と明らかにした。

あわせて「われわれは1兆5000億ドル(約160兆円)を使っている。これは米国にとって相当な費用だ。米国の国防予算は2位の国より3倍、いや4倍さらに多い。4倍以上だ。米国が他の国を防御すれば彼らも分担金を出しながらわれわれを尊重しなければならない」と強調した。

トランプ大統領は「正直言って、この国は友邦と敵に利用されてきた。だが、もうこれ以上そうではない」と付け加えた。

トランプ大統領は先月29日、ロイター通信とのインタビューで韓米防衛費交渉に関連して「彼ら(韓国)は多くの金を出すことで合意した。彼らは私が就任した時に出していた額より多くの金を出している」とし「われわれは合意することができる。彼ら(韓国)は合意を望んでいる」と言及したことがある。

当時青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「交渉が進行中」としながら「合意したものはまだ何もない」と一蹴した。

これに先立ち、トランプ大統領は第11次防衛費分担金特別協定(SMA)のための韓米間交渉開始前である昨年8月初めにも、韓国が費用をはるかに多く出すことで合意したというツイートを突然飛ばして韓国を圧迫した。

韓米防衛費交渉は3月末に「13%引き上げ案」に暫定合意、妥結を目前に置いたように見えたがトランプ大統領がこれを拒否し、交渉が漂流している状況だ。

米国はトランプ大統領が暫定合意案を拒否したことと合わせて13億ドル水準の分担金を要求する逆提案をしたことが分かった。しかし韓国は「13%引き上げ」以上のことは受け入れられないという立場なので難航が予想される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領府は否定しているのに…トランプ氏また「韓国、相当な額の金を出す、ありがとう」

    2020.05.08 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    昨年6月、板門店の韓国側の自由の家でトランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長と会合を終えた後、文在寅大統領と所感を発表する記者会見をしている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP