주요 기사 바로가기

韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.25 10:44
0
韓国国防費が遅くとも2026年には日本国防費を上回る見込みだだ。

国防部によると、2026年韓国国防予算は71兆2000億ウォンを上回り、日本の防衛予算69兆6000億ウォンより2%程度多くなるという予想が出ている。これは現在の国防予算増加率を維持するという仮定にともなう計算だ。今年2020年の韓国国防予算は50兆1527億ウォン(約4兆7000億円)、日本の防衛予算は5兆3222億円だ。

韓国の国防予算は日本の防衛予算より格差が毎年減っていく傾向を見せている。韓国の国防予算は2001年日本の防衛予算の30%水準に過ぎなかったが、2011年には60%水準、2020年には86%水準まで上昇した。

韓日間国防費の逆転現象はその間韓国国防予算増加率が高まった結果だ。特に、文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足してから最近3年間に10兆ウォンが増加した影響が大きかった。国内総生産(GDP)に比べて国防予算の割合は2011~2017年間2.2%水準にとどまったが、今年2.5%水準まで上昇した。

反面、日本防衛予算は2000年代入って以来下落傾向を見せている。2012年安倍晋三首相執権以降増加傾向に転じたが、追い上げる韓国を締め出すことは難しかった。韓国のここ5年(2016~2020年)間国防予算の平均増加率は6%を維持し、日本の1.3%水準を大きく圧倒した。

2019年資料(2018年予算)を基準にして韓国の国防予算は▼ロシア(453億ドル)の84%▼ドイツ(457億ドル)の84%▼フランス(534億ドル)の72%水準だ。韓国国防費が日本防衛予算をリードする2026年ごろ、この国国防費とも似たような水準に到達したり、上回ったりする可能性が大きいというのが国防部の分析だ。

韓国の国防費規模が主な先進国に比べても劣れない水準に到達したが、G2国家にはまだ及ばない水準だ。世界で最も多い国防費を支出する米国(6433億ドル)の6%、中国(1682億ドル)の23%水準だ。

年間50兆ウォン規模を支出する国防費はどこに使われるのだろうか。2020年国防予算の項目を調べた。兵器を取得する「防衛力改善費」は全体国防予算の中で33.3%を占めている。先端兵器の導入が増加することで防衛力改善費の割合は2006年25.8%から2020年33.3%に多くなった。 韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み(1)

    2020.01.25 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    韓国空軍が40機を導入するF-35Aステルス戦闘機は1機当たり価格が1000億ウォン水準だ。[写真 防衛事業庁提供]
    TOP