주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】気まずい対米コロナ特需

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.12 13:23
0
世界最大の経済大国米国を最大被害国にした新型コロナウイルスの逆説に世界の医療・バイオ企業は時ならぬ特需を迎えている。韓国の医療診断機器メーカーも同じだ。オサンヘルスケアとソルジェントを含め韓国企業4社が連邦緊急事態管理局(FEMA)と直接供給契約を結び輸出の道を開いた。ラボジェノミクス(メリーランド)、シージェン(ロサンゼルス)など州政府と市政府に診断キットを輸出した企業も多い。

8日まで米国民200万人以上が診断を受けこのうち感染者が43万人、死亡者が1万4800人を超えた状況で積極的に検査を拡大しているためだ。こうした好材料に韓国の診断キットメーカーの株価も揺らぐ。

韓国外交部も大量検査政策で早期に感染拡大を遮断した「K防疫」を広報する次元から診断キット輸出に一肌脱いだ。トランプ大統領が先月24日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領に電話をかけ、「韓国の医療装備を支援してほしい」と要請した後、韓米実務協議を行い米食品医薬品局(FDA)の緊急使用承認問題だけでなく、FEMA調達契約まで取りまとめている。毎日会見を通じて診断キット輸出進展状況を発表するのも外交部だ。時には市場公示より速い。

問題はトランプ大統領が韓国政府の支援(または輸出)努力をありがたく思うかだ。トランプ大統領は先月30日に「中国とロシアが膨大な量の素敵な医療物品を送ってきた」として謝意を表明したが、韓国にはうわべのあいさつもしていない。逆に「米国が世界で最も多く検査し、米国の検査装備が最も優秀だ」と話した。FDAも自国の診断キット31種類を承認する間に首脳電話会談をしてから2週間を過ぎても緊急使用承認を出さずにいる。国務省も新型コロナ対応過程で韓国の支援内訳を問い合わせたのに答えなかった。診断キット輸出のほか韓国が支援していないためだ。

外交消息筋は「欧米のような先進国に人道的支援はしない。マスクや人工呼吸器のような他の医療装備は国内需要を充当するのに余裕がないため輸出も制限する」と説明した。中国もアリババ創業者の馬雲会長や蔡崇信副会長のような民間レベルの援助というものだ。

トランプ大統領は中国の医療装備支援に関する質問に腹を立て1段階貿易合意履行の話を切り出した。「中国がわれわれを助ける時。2500億ドル規模の米国の農産物・工業製品購入の約束を履行するのか見守る」と話した。1日に防衛費分担協定(SMA)合意が失敗に終わったように過度な輸出広報が毒にならないか心配だ。

チョン・ヒョシク/ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP