주요 기사 바로가기

国産武器、史上初めて米国輸出への可能性…韓国産誘導ロケット「匕弓」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.07 16:33
0
1/2
米国国防総省の海外比較試験(FCT)を成功裏に通過した2.75インチ誘導ロケット「匕弓」の発射の様子。[写真 韓国防衛事業庁]
韓国の国産武器が初めて米国市場に輸出できる道が開かれた。韓国防衛事業庁は7日、国産2.75インチ(直径6.99センチ)誘導ロケット「匕弓(ピグン)」が米国国防総省が主管した海外比較試験(FCT)を成功裏に通過したと明らかにした。

FCTは昨年10月、国防科学研究所(ADD)安興(アンフン)総合試験場で米国国防総省評価団が見守る中で実施された。国産武器のFCTテストは当時が最初というのが防衛事業庁の説明だ。この日の試験で、匕弓は米国側が提示した条件をクリアした状態で10発の目標物をすべて命中させた。ADD関係者は「当時、米国評価団が『perfect(完ぺきだ)』と感嘆した」と伝えた。

FCTは米国で作られていない同盟国の優れた装備・技術を試験・評価する米国防総省のプログラムだ。米国に武器を輸出するにはまず最初にFCTを通過しなければならない。防衛事業庁関係者は「今回のFCT通過のおかげで匕弓は米国に輸出する可能性が開かれた」と話した。防衛産業業者関係者は「FCTは米国防総省が輸入を考慮する武器を対象に実施している」と説明した。

匕弓は国防科学研究所が2016年に開発した後、防衛産業企業家のLIGネクスワンが生産している誘導ロケットだ。一般的ロケットには誘導機能がないが、匕弓は誘導調整装置があるため目標物を正確に打撃することができる。特に発射後に何度もロケットを誘導せず、場所を変えたり別の目標物を探すことができる(ファイア・アンド・フォーゲット)。また、車両に搭載して機動性にも優れている。

海兵隊が保有している匕弓は北朝鮮の空気浮揚艇に対抗する武器だ。戦時の北朝鮮は空気浮揚艇に兵力を乗せて西海5島を狙うと予想されている。匕弓はこの空気浮揚艇を撃沈できるだろうと期待されている。米国が購入に関心を持った理由でもある。

ADD関係者は「米国はホルムズ海峡でイランと対峙しているが、イラン海軍は小型高速艇で米海軍の戦闘艦を当て逃げる作戦を展開するだろう」としながら「米海軍が匕弓を備えればイランの小型高速艇攻撃を効果的に防ぐことができる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP