주요 기사 바로가기

「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』が出会った」韓国ゾンビブームを起こした『キングダム2』(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.23 11:12
0
「韓国ドラマ『キングダム』シリーズはドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の政治的な陰謀と映画『パラサイト 半地下の家族』の階級葛藤をゾンビとともに混ぜたドラマだ」

米国メディアのオブザーバーは13日、公開されたネットフリックス『キングダム』のシーズン2をこのように紹介した。昨年ネットフリックスの初めての韓国オリジナルドラマで「Kゾンビ」のブームを起こした『キングダム』がアカデミー4冠の『パラサイト』と出会ってシナジーを出すということだ。経済紙フォーブスは新型肺炎のパンデミックに結び付けて「『キングダム』を見れば、新型肺炎がゾンビウイルスではないという事実にホッとするだろう」とし「最高のゾンビショー」と好評した。

視聴者の反応も熱い。シーズン1の第1~6話が15~16世紀朝鮮でどのように疫病が誕生し、ゾンビがまん延したかを見せたとすれば、シーズン2の第1~6話はこれに先立って設定した伏線を活用してスピード感をもって描いているおかげだ。オンライン動画プラットホーム(OTT)のネットフリックスは別に視聴率や視聴者数を発表しないが「今日の韓国トップ10コンテンツ」1、2位を競っている。北米映画専門サイトのIMDBの評点も8.9点。シーズン1(8.3点)はもちろん『パラサイト』(8.6点)より高い。ネットフリックス視聴者がさらに増えるものとみられる。ネットフリックスが19日、欧州連合(EU)の勧告により「(インターネット停滞を防ぐために)今後30日間欧州内のすべての映像ストリーミングの伝送率を引き下げる」として画質のダウングレード措置を取るほど、自宅で利用するユーザーのネットフリックス接続が急増しているためだ。

19~20日テレビ会議で会った製作スタッフもときめきさを隠すことができなかった。キム・ウニ作家は「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』は両方とも好きな作品だが、一緒に言及してくださって光栄」とし「欧米のゾンビ映画に馴染んでいる方々には韓国の風景はもちろん、建築物も一風変わりで銃や槍もないことからさらに興味深く、脅迫的に感じられたようだ」と明らかにした。劇中で登場人物がかぶった「ガッ(両班が被る帽子)」に対する関心が高まり、海外では「素敵でない帽子をかぶった人は全部死ぬ」という笑い話が出たこともある。キム作家は「先祖が精粋を分かっていたと思う」とし、「華やかな女性の韓服だけでなく、男性の道袍やペレンイ帽子(竹で編んだ笠)もとても素敵でもう一度惚れた」とした。

血で染まった宮廷が主な背景となるシーズン2では韓国の建築美が目立つ。昌徳宮(チャンドックン)と昌慶宮(チャンギョングン)を俯瞰にして描いた東闕図を印象深く見たキム作家はゾンビを屋根の上に誘引して追撃戦を繰り広げる方式を選んだ。パク・インジェ監督は「3メートル以上となる屋根の上でアクションシーンを撮影することができなくてセットを作って撮影した」と明らかにした。彼は「後苑での戦闘シーンも水が凍らずコンピュータグラフィック(CG)を使ったが、不規則な亀裂の表現が難しかった」とした。7年後の話は実際に宗廟(チョンミョ)での撮影で事実感を高めた。 「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』が出会った」韓国ゾンビブームを起こした『キングダム2』(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』が出会った」韓国ゾンビブームを起こした『キングダム2』(1)

    2020.03.23 11:12
    뉴스 메뉴 보기
    『キングダム』のシーズン2。喪服姿でも血色の戦闘は続く。[写真 ネットフリックス]
    TOP