주요 기사 바로가기

韓国の海洋・環境衛星「千里眼2B号」、仏領ギアナから打ち上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.19 08:12
0
韓国国産技術で開発した静止軌道海洋・環境衛星「千里眼2B号」が19日午前7時18分(現地時間18日午後7時18分)仏領ギアナのギアナ宇宙センターで打ち上げられた。

衛星は打ち上げ26分後に遷移軌道に進入することになる。遷移軌道は地球と近くて251キロメートル、遠くて3万5822キロメートル離れた地点をつなぐ楕円軌道だ。打ち上げ31分後にロケットから衛星が切り離され、打ち上げ40分後にはオーストラリアの追跡所と最初の交信をすることになる。

千里眼2B号は海洋・環境観測衛星で、2011年から韓国航空宇宙研究院と韓国海洋科学技術院、韓国航空宇宙産業、米ボールエアロスペース社、仏エアバスなどが参加して開発した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の海洋・環境衛星「千里眼2B号」、仏領ギアナから打ち上げ

    2020.02.19 08:12
    뉴스 메뉴 보기
    千里眼衛星2B号[写真 韓国航空宇宙研究院]
    TOP