주요 기사 바로가기

韓国、続く日本製品不買運動…1月の対日消費財輸入36%減少

ⓒ 中央日報日本語版2020.02.18 11:19
0
昨年7月の日本の輸出規制措置以降韓国で始まった日本製品不買運動が今年も続いていることが明らかになった。

「共に民主党」の金政祐(キム・ジョンウ)議員が18日に明らかにしたもので、関税庁から提出させた消費財輸入実績によると1月の日本製消費財輸入額は1億9368万ドルで、前年同月より35.9%減少した。

品目別ではビール輸入が12万6000ドルにとどまり1年前より98.2%急減した。前月と比較しても45.0%減少した。

日本製乗用車輸入額は1月基準2192万8000ドルで前年より69.8%減少した。韓国輸入自動車協会によると、1月の日本ブランド自動車の新規登録は64.8%減少した。輸入車市場での日本車シェアも7.5%に減った。

そのほか日本酒が66.7%、たばこが72.9%、玩具が57.4%、加工食品が54.7%、化粧品が41.8%など輸入が減った。

金議員は「日本の不当な経済報復に対応する成熟した国民意識は堅固な状況。日本が経済報復に対する反省と関係改善に出なければ自ら自国経済を孤立させることになるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、続く日本製品不買運動…1月の対日消費財輸入36%減少

    2020.02.18 11:19
    뉴스 메뉴 보기
    インフィニティは先月、韓国市場での新規登録台数が1台だった。インフィニティを代表するセダンQ50はかつて韓国輸入車市場でトップ5に入る人気車種だった。[写真 インフィニティ]
    TOP