주요 기사 바로가기

現代自動車蔚山第1工場、再稼働から1日で部品供給支障により再休業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.17 19:51
0
現代(ヒョンデ)自動車が蔚山の全工場再稼働から1日で再び一部工場を休業することにした。中国から輸入するワイヤーハーネスが足りず生産ラインの稼動が難しくなったためだ。

現代自動車関係者は、「部品需給問題で蔚山(ウルサン)第1工場は18~20日に休業に入る。第2工場は21日の休業を検討中。中国からワイヤーハーネス部品が入ってきているが、量が十分でなく各工場を弾力的に運営する計画」と話した。蔚山第1工場は「ベロスター」「コナ」などを生産しており、第2工場は契約注文が2万台以上たまっているジェネシス「GV80」などを生産する。蔚山の5つの工場のうち残り3工場はひとまず休業を検討せず正常稼働する方針だ。

これに先立ち現代自動車は新型コロナウイルス拡散の余波でワイヤーハーネスが適時に供給されず、5日以降工場別に休業に入った後、13日から相次ぎ工場ラインを再稼働した。

ワイヤーハーネスの供給支障によるこうした断続的な休業は当分続くものとみられる。現代・起亜自動車にワイヤーハーネスを納品する企業の中国工場の稼動率は50%を下回っている。ある部品メーカー関係者は「中国人労働者の出勤率は60%以上だが生産量はコロナ問題発生前の半分に満たずにいる」と話した。

現代自動車関係者は「全般的に部品メーカーの中国工場稼動率が大きく好転しておらず状況を鋭意注視している。部品確保に向け積極的に努力している。需給状況を精密にチェックし各工場を弾力的に運営する計画」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP