주요 기사 바로가기

【中央時評】東アジア緊急災難救助本部を設置しよう(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.05 10:04
0
しかしそれだけではまだ十分ではない。今回はなんとか乗り越えても、すでに日常化した緊急災難に対する解決法にはなりえない。今は一つの国を越える超国籍例外状態が日常の時代だ。東アジアだけに限定しても、東南アジアのスマトラ島沖地震と津波、中国の四川大地震、東日本大震災、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、粒子状物質、コロナウイルスに至るまで、超国家的災難状態が繰り返されている。したがって自然災害でなければ、閉めて鍵をかけることも、抱き寄せることもできない二重状況だ。閉じれば閉じるほど長期経済が、開けば開くほど現在の健康が脅威を受ける状況だ。

グローバル化以降、人類は超連結世界(hyper-connected world)について話してきた。しかし調査によると、それは驚くべきことに超障壁世界(hyper-walled world)を同伴してきた。いま、世界の各種障壁は77つにもなる。すなわち、さらに多くの連結もさらに多くの障壁も解決法ではない。その中心を貫く新たな解決法が必要だ。迅速な共同対処のための常時的な備えが切実だ。

安重根(アン・ジュングン)の永久平和構想を援用して、筆者は15年前に東アジア緊急災難救助本部の設立を提案したことがある。東日本大震災の時も同じだった。今はもっと切実だ。災難の事案は軍事安保議題ではなく、共通の人間安保と生命の議題だ。すなわち、国家機密や産業情報を扱うことでは全くない。理念と体制の問題ではもっとない。だから情報と心を開いて共に対処しなければならない。

100年よりももっと前に、すでに共同安全と共同平安のために東アジア共同銀行、共同貨幣、共同教育、共同軍団設立を追求した東アジア先覚者であり世界市民である安重根の、『独立するものの、互いを貫く』絶妙な慧眼が切実だ。東アジアの諸政府が公式に東アジア緊急災難救助本部の設置問題を議論するよう訴える。共同の人間安保機構の設立は、共同危機対処を越えて共同繁栄と共同平和につながるだろう。

超連結時代-超障壁時代の人類の未来は、病気と環境を含めた災難と災害に対し、どれほどうまく共に対処できるかにかかっている。すぐ近くにある緊急災難と病気は、我々と世界の仕事であり健康であり、日常になったためだ。そのようなとき、自己愛と隣人愛と世界愛を完全に分離することは不可能だ。安重根の知恵をうまく活かそう。武漢市民と中国国民、韓国と世界がこの災難からいち早く抜け出すことを心から祈りたい。

パク・ミョンニム/延世(ヨンセ)大教授・金大中(キム・デジュン)図書館長 【中央時評】東アジア緊急災難救助本部を設置しよう(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP