주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】小泉進次郎環境相の失墜、任鍾ソク元秘書室長の選択

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.04 11:56
0
日本政界のアイドルと呼ばれていた小泉進次郎環境相(38)が勢いを失っている。父・小泉純一郎元首相の後光、俳優並みの容貌、名門の家柄に熱狂する日本社会の風土のため順調に進んできたが、昨年9月の30代での超スピード入閣がむしろマイナスとなった。入閣は本人が望んだが、その後は試練が続いている。「人気」ではなく「実績」が重要となり、本格的な検証と向き合うことになった。童話の中の王子様に向けるような世間の視線ははるかに厳しくなった。

過去には「心に響く」という評価されていた彼の話法には「もっともらしいが当たり前の話ばかりで中身がない」という酷評が続いている。入閣後初めて福島県を訪問した際、小泉環境相は、「30年以内に原発汚染土最終処理場を福島県外につくる」という政府の約束に関する質問を受けた。小泉環境相は「30年後の自分は何歳か。地震の直後から考えてきた」という言葉で始めて雲をつかむような答弁をした。「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」という国連会議での発言も論議を呼んだ。

小泉環境相は入閣前、「次期首相候補」調査で1位だった。日本経済新聞の昨年8月の調査で29%、9月は20%で最も高かった。しかし11月には18%、12月には17%と石破茂元幹事長に抜かれ、先月は11%まで低下して3位に落ちた。「閣僚初の育児休暇宣言」など単発性イシューで話題になったが、業務的な存在感は薄い。独身時代に人妻と不倫関係があったという報道など私生活の醜聞が続いた。こうした状況のため「安倍首相がこらしめようといかなる準備もできていない彼を早期に入閣させたのでは」という陰謀説まで出ている。小泉環境相に対しては「いつ出てきて、いつ引くべきか分かっていない」「実力をつけて機会を待つべき時に雰囲気に流されて墓穴を掘った」という声が出ている。

韓国では任鍾ソク(イム・ジョンソク)前大統領秘書室長の総選挙出馬と政界復帰が大きな関心事という。任氏は昨年11月、「初めて政治を始める時に決心したように制度圏の政界を離れて本来の位置に戻ろうと思う」「今後の時間はまた統一運動にまい進したい」と述べた。このように話しておきながら出馬説が出ること自体があきれる。風が任氏を揺さぶるのか、それとも任氏が意図的に風を吹かせているのかは知る方法がない。しかし付和雷同して状況が悪化している小泉環境相の事例が任氏の最終判断に役に立つことを望む。

ソ・スンウク/東京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】小泉進次郎環境相の失墜、任鍾ソク元秘書室長の選択

    2020.02.04 11:56
    뉴스 메뉴 보기
    【グローバルアイ】小泉進次郎環境相の失墜、任鍾ソク元秘書室長の選択
    TOP