주요 기사 바로가기

韓国政府「中国訪問後に肺炎症状があれば、全員が監視・検査の対象」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.25 09:03
0
韓国政府は24日、「新型コロナウイルス」の拡散に対する懸念を受け、感染症監視・検査対象を中国武漢だけでなく中国全域から入国する肺炎症状者に拡大することにした。

丁世均(チョン・セギュン)首相はこの日午後、政府ソウル庁舎で関係部署と17市・道の緊急映像会議を開いて対応方針を決めた。

この日から新型コロナウイルスが始まった中国武漢だけでなく、中国のどの地域でも訪問後に肺炎など症状が現れる場合、すぐに監視・検査の対象に含まれる。

また、中国から入るすべての入国者は健康状態質問書を必ず作成しなければならない。

医療機関は感染が疑われる患者の診療時、中国訪問履歴の確認のために関係部署から中国入国者リストを提供される。

感染が疑われる患者は検査結果が出るまで隔離され、各地方自治体は医療機関からの2次感染を遮断するために選別診療所を運営する。

丁首相は「地域社会への感染病拡散の遮断のためには徹底的な接触者管理と国民の積極的な協力が必要だ」として「2番目の確診者の接触者を迅速に把握し、各地方自治体に通知してほしい」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府「中国訪問後に肺炎症状があれば、全員が監視・検査の対象」

    2020.01.25 09:03
    뉴스 메뉴 보기
    丁世均首相[中央フォト]
    TOP