주요 기사 바로가기

ドローン・魚雷・ミサイル…ホルムズに行く韓国海軍駆逐艦「王建」の3大脅威

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 09:21
0
韓国海軍の駆逐艦「王建(ワン・ゴン)」(4400トン級)が派兵任務のために向かうホルムズ海峡は、水深が浅く内陸と隣接した狭い海で空中と海の双方で危険に露出している。このような地形的な特性のため韓国清海部隊の「王建」が対応する必要がある3大脅威は魚雷、ミサイル、ドローンだ。韓国国防安保フォーラムのムン・グンシク対外協力局長(予備役海軍大佐)は21日、「潜水艦の攻撃に対応する能力のほか、陸地からのミサイル攻撃などを回避・防御する能力も重要だ」と強調した。

昨年9月にイエメンのフーシ反乱軍はサウジアラビアの石油施設にドローン攻撃を加え、大きな被害を与えた。ホルムズ海峡はミサイルはもちろんドローンの攻撃範囲に含まれる。さらに水中から接近する潜水艦は見えない脅威だ。一部の中東国家は北朝鮮が輸出したカディル級小型潜水艦を運用している。カディル級は2010年に韓国哨戒艦「天安」を魚雷で攻撃した北朝鮮ヨノ級潜水艇の輸出型モデル。小さくて作戦範囲は狭いが、騒音が少なくて探知しにくく、水深が浅い海峡でも作戦が可能であり、清海部隊には脅威となる。

これを受け、軍当局は派兵を控えて昨年からさまざまな対応策を準備した。軍関係者は「昨年、アデン湾に駆逐艦『姜邯賛(カン・カムチャン)』を派兵する時から水中・空中の脅威に対応して探知能力と対応能力を補強した」と説明した。潜水艦探知センサーと魚雷を補強し、空中の脅威に対応するミサイルと近接防護システムを強化したということだ。昨年7月、「姜邯賛」は清海部隊の派兵を控えてドローン対応訓練もした。海軍関係者は「海外に出ていく艦艇は任務の性格と脅威によって武装能力を変える」とし「脅威が少ない場合は軍需物資を多く載せ、脅威が多い地域ではミサイルなど武装を増強する」と説明した。最大重量の範囲内で調節するということだ。

清海部隊の任務は「王建」など韓国型駆逐艦(DDH-II級)が6カ月ごとに交代して遂行する。普段の乗組員規模200人より多い将兵300人が搭乗する。検問検索隊員および艦艇警備任務を支援する海兵隊、航空派遣隊などが追加された。「王建」は全長150メートルm、幅17.4メートルで、最大速力は時速29ノット(54キロ)。127ミリ艦砲と艦対艦巡航ミサイル「ヘソン」、対潜水誘導武器「ホンサンオ」も搭載し、強力な攻撃能力を備えている。さらにSM-II対空ミサイルも搭載し、最大140キロ離れた地点から敵の航空機を撃墜でき、近接防御武器システムを備えてミサイル防衛も可能だ。

清海部隊には海軍特殊戦旅団(UDT/SEAL)から派遣された検問検索隊員も含まれた。拉致船員および在外国民の救出など特殊作戦に投入される最精鋭要員だ。「王建」は高速短艇(RIB)とリンクスヘリコプターも搭載している。海軍関係者は「『王建』の兵力のうち24%の72人が過去に清海部隊派兵経歴がある」とし「その多くが特戦団隊員(UDT)を構成している」と説明した。ブ・スンチャン延世大兼任教授は「完ぺきはないが、海上交通路保護任務に必要な最低限の軍事能力は満たしている」と評価した。

軍内外では今後の派兵状況によっては清海部隊を支援するために追加の支援兵力が増派される可能性も議論されている。空軍輸送機(C-130)、空中給油機(KC-330)などだ。C-130は過去10年間に8回の海外災難事例で実力を発揮した。空軍は2018年10月に台風がサイパンを直撃した際、滑走路と管制塔が機能しない状況でもC-130で孤立した国民799人を避難させた。昨年1月に戦力化したKC-330も在外国民保護への投入が可能だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP