주요 기사 바로가기

韓国、「バッテリービッグ3」の悪材料を乗り越えて今年は期待感増大

ⓒ 中央日報日本語版2020.01.21 11:46
0
昨年エネルギー保存システム(ESS)の火災などで悪材料を体験した韓国のバッテリー業界がEUと韓国自動車業界の需要増加で今年の実績が大きく改善されるものとみられる。

20日、バッテリー業界によると、欧州連合(EU)の二酸化炭素排出規制で欧州の完成車メーカーを筆頭に電気車市場の拡大が加速化するものとみられる。EUは昨年2050年までに炭素中立の目標達成に向けた「欧州グリーンディール」に合意した。また、2030年までに炭素排出を40%削減するという従来の目標を今年中盤までに55%に上向させる見通しだ。これに伴い、フォルクスワーゲンは年間電気車の生産目標値を従来の2025年100万台から150万台に拡大した。

現代と起亜車など韓国自動車生産メーカーも電気車の割合を拡大することにした。起亜車は純粋な電気車の割合を昨年1%から2025年12%まで増やすことにした。現代車も昨年9種に留まっていた電気車の車種を2025年には23種に大幅に拡大する方針だ。

エネルギー市場調査会社のSNEリサーチによると、昨年100GWh(ギガワット時)台だった電気車バッテリーの需要は今年168GWhから2025年994GWhに、2030年には2851GWhに成長する見通しだ。2018年から2030年までに年平均成長率は32%に達すると予想される。

現代車証券は韓国のバッテリー業界であるLG化学とサムスンSDIの電気車の売上額を今年それぞれ9兆9000億ウォン(約9350憶円)、3兆5000億ウォンに前年より108%、45%それぞれ成長するものと見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、「バッテリービッグ3」の悪材料を乗り越えて今年は期待感増大

    2020.01.21 11:46
    뉴스 메뉴 보기
    LG化学の梧倉(オチャン)電気自動車バッテリー生産ラインの様子[写真 LG化学]
    TOP