주요 기사 바로가기

「電気自動車用バッテリー市場、韓中日三国志で韓国が生き残る可能性高い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.20 11:16
0
「電気自動車バッテリー市場で後発走者だが早ければ2023年には20%台のシェアで世界トップ3に入るのが目標です」。

2005年に電気自動車バッテリー事業に初めて参入したSKイノベーションのキム・ジュン社長は勝負を楽しむ表情で淡々と話を続けた。米ジョージア州コマース市で開かれたSKイノベーションのバッテリー生産工場起工式の前日の18日にアトランタで韓国メディアと懇談した席でだ。

韓国ではLG化学とサムスンSDIより遅れた後発走者だが、先に受注し後で増設する戦略で安定的に受注残高と生産量を伸ばした。SKイノベーションの電気自動車用バッテリーの受注残高は現在425ギガワット時。昨年末の325ギガワット時から今年に入って2カ月で100ギガワット時の急増となった。受注残額基準では約50兆~60兆ウォンで、韓国1位のLG化学の約80兆ウォンを急速に追い上げている。

「電気自動車用バッテリー市場は韓中日3カ国の激戦場です。サムスン、LG、SKを筆頭とした韓国と、CATLを含んだ中国、パナソニックを中心とした日本が激しく競争しています」。

このうち韓国企業が最も成長可能性が大きいという判断を下した。日本企業は円筒形バッテリーに依存して拡張性が劣り、政府補助金に頼った中国企業は安全問題で厳しい状況に直面するというのがキム社長の見通しだ。このようになれば韓国3社がバッテリー市場をリードし、「第2の半導体」に十分に成長できるということだ。

キム社長はすでに電気自動車市場が急成長段階に入り込んだと判断した。彼は「2025年に純電気自動車用バッテリー需要は2017年の10倍水準である年間1000ギガワット時規模に達するだろう。既存の内燃機関車に対する各国の規制とともに自動運転という新しい自動車文化まで考慮すれば毎年成長率は50%に迫るだろう」と説明した。

電気自動車の価格競争力もまた急速に改善していると分析される。キム社長は「自動車価格と運営コストなどを含めば各国政府の補助金を除いてもすでに内燃機関車と電気自動車の価格は同等な水準に下がってきた。自動車製造原価だけ見ても2022~2023年には同水準になるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「電気自動車用バッテリー市場、韓中日三国志で韓国が生き残る可能性高い」

    2019.03.20 11:16
    뉴스 메뉴 보기
    SKイノベーションのキム・ジュン社長
    TOP