주요 기사 바로가기

「妄言製造機」麻生副総理、今度は「日本は一つの民族」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 15:09
0
「妄言製造機」として知られる麻生太郎副総理兼財務相が「日本は一つの民族」と発言し、物議をかもしている。日本政府はアイヌ民族を「先住民族」と位置づけたアイヌ施策推進法を昨年から施行している。日本が「一つの民族の国」という麻生副総理の発言は、こうした政府方針に背く発言だ。

14日の朝日新聞など日本メディアによると、麻生副総理は13日、福岡県直方市で行われた国政報告会で、昨年開催されたラグビー日本代表の活躍を評価しながら「(日本は)インターナショナルになっている。それが力を生んでいる」と述べた。続いて「2000年の長きにわたって一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝が続いている国はここしかない。よい国だ」という発言をした。

麻生副総理は同日、福岡県飯塚市での国政報告会でも「2000年にわたって同じ民族が、同じ言語で、一つの王朝を保ち続けている国など世界に日本しかない」と述べた。

麻生副総理の発言はアイヌ民族など日本国内の少数民族の存在自体を否定する不適切な内容だと、日本メディアは指摘した。特に昨年、日本政府は法律でアイヌ民族を日本の先住民族と明記し、アイヌ民族独自の文化の維持と振興を支援する内容のアイヌ施策推進法を施行した。昨年9月にはこの法律に基づき、アイヌの人々に対する差別解消のため努力と支援をするという方針を閣議決定した。一方、沖縄の琉球人に対しては当事者の持続的な要請にもかかわらず、先住民族と認定していない。

「妄言製造機」「妄言爆撃機」と呼ばれる麻生副総理の不適切な発言は昨日今日のことではない。麻生副総理は昨年も少子高齢化に関連し「年寄りが悪いみたいなこと言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違っている。子どもを産まなかった方が問題」と発言し、「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」から政治家による性差別の問題発言ワースト1位に選ばれた。

2018年にも財務次官が女性記者にセクハラ発言をした問題について「相手(被害を受けた女性記者)の声が出てこなければ、どうしようもない」「言われている人の立場も考えないと。人権はないのか」と述べ、高齢者問題に関しては「90歳になっても老後が心配になるという人がいるが、いつまで生きているつもりなのかと思う」と発言して批判を浴びた。

「北朝鮮から難民が押し寄せてきた場合に射殺することを考えなければいけない」「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の見てくれの悪い飛行機がシンガポールまで無事飛ぶことを期待するが、途中で落ちたら話にならない」など、北朝鮮に対する過激な発言もしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「妄言製造機」麻生副総理、今度は「日本は一つの民族」

    2020.01.14 15:09
    뉴스 메뉴 보기
    麻生副総理
    TOP